ニュース
» 2010年03月10日 15時22分 UPDATE

商戦期の谷間、300万台超えは遠く――JEITA 1月携帯出荷台数

電子情報技術産業協会(JEITA)が2010年1月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表。商戦期の谷間にあたることから、携帯電話の出荷台数は203万2000台にとどまった。

[ITmedia]

 電子情報技術産業協会(JEITA)は3月10日、2010年1月の携帯電話・PHS端末の国内出荷台数実績を発表した。携帯電話とPHSを合算した国内移動電話の出荷は、前年同月比で108.7%と上回ったものの、台数は208万1000台にとどまった。

 携帯電話の出荷台数は203万2000台。前年同月比では108.6%と3カ月ぶりにプラスに転じたが、引き続き国内景気後退の影響を受けているとJEITAは分析。1月は春商戦を控えた谷間の時期にあたることから、大きな出荷台数の伸びにはつながらなかった。なお、ワンセグ搭載機の出荷台数は前年同月比106.4%の156万6000台で、ワンセグ搭載率は77.1%となった。

Photo 携帯電話の出荷台数の推移

 PHSの出荷台数は4万9000台で、2カ月連続で前年同月の出荷台数を上回った。

Photo PHSの出荷台数の推移

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう