ニュース
» 2010年04月13日 11時10分 UPDATE

App Town 仕事効率化:iPhone用「Opera Mini」 約20日で公開

Opera Softwareが開発したiPhone向けのOpera MiniがAppleに承認され、App Storeからダウンロードできるようになった。無料で入手できる。

[園部修,ITmedia]

 Opera Softwareが4月13日、iPhone上で動作するWebブラウザ「Opera Mini」を公開した。App Storeから無料でダウンロードできる。

 Opera Mini for iPhoneは、Opera Mini 5がベースのWebブラウザで、ユーザーインタフェースや動作はAndroidやWindows Mobile、BlackBerry向けに提供されているOpera Mini 5と同等だ。Opera Mini 5の動作はこちらのページにあるJavaアプリで確認できる。

 動作上の特長は、Opera側のサーバでページを圧縮してから端末のWebブラウザにデータを送る点。OperaではMobile SafariでWebサイトを閲覧するよりも高速に画面を描画できるとしている。

 日本語にも対応しており、日本語環境にインストールすればメニューなどはすべて日本語で表示される。スタートページにはmixiやhi5、amazon.co.jpなどが登録されているので、よく使うサイトなどに入れ替えておくとより使いやすくなる。

PhotoPhotoPhotoPhoto

承認まで約20日

 iPhone上では、Appleが提供するMobile Safariが標準のWebブラウザとなっており、ブラウザ機能を内蔵するアプリケーションもほぼWebKit(Safariと同等のオープンソースのHTMLレンダリングエンジン)を採用しているため、サードパーティーのWebブラウザは非常に珍しい。AppleがOpera Miniの配信を認めるかどうか、世界が注目していた。

 Opera Softwareは、AppleにOpera Miniの申請を出した日にWebサイトを開設し、承認までの時間をカウントアップ。20日8時間31分で承認されたことが特設ページで確認できる。

Photo Opera Softwareが公開している、Opera Mini承認までのカウントアップタイマー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.