ニュース
» 2010年04月23日 20時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(4月12日〜4月18日):快走どこまでつづく? 「Xperia」3週連続首位 (1/5)

キャリア総合ランキングではAndroid端末「Xperia」が3週連続で首位を獲得。端末販売全体が“枯れ期”に突入している中での首位ではあるが、安定した人気を誇るiPhoneを抑えていることも考えれば、スマートフォンとして順調な販売をみせているといえる。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年4月12日〜2010年4月18日
順位前回順位キャリアモデル
1位1NTTドコモXperia
2位2ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (16Gバイト)
3位3NTTドコモSH-01B
4位4ソフトバンクモバイルiPhone 3GS (32Gバイト)
5位6NTTドコモらくらくホン ベーシックII
6位5ソフトバンクモバイルJelly Beans 840SH
7位10NTTドコモN-01B
8位8auT003
9位9auSH004
10位7NTTドコモF-04B

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「Xperia」

 キャリア総合ランキングでは、NTTドコモのAndroid端末「Xperia」が連続首位獲得記録を3に伸ばした。端末の発売ラッシュも過ぎ去り、市場全体が枯れ期に入っている時期ではあるが、それでもiPhone以外のスマートフォンが首位を継続して獲得したことは注目に値する。同モデルの登場により、ランキングのトップ3は現在、Android(Xperia)、iPhone、そして日本のハイスペックケータイ「SH-01B」という3勢力がしのぎを削る構図となっている。

 “セパレートケータイ”の「F-04B」は、7位から10位へと大きくランクダウン。入れ替わりにスリム高機能モデル「N-01B」が7位に食い込んでいる。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう