ニュース
» 2010年08月19日 18時05分 UPDATE

Android端末向け「楽天トラベル」の公式アプリが登場

楽天トラベルは、Androidスマートフォン向けに公式アプリを提供。国内の宿泊施設の検索や予約ができるほか、Twitterとの連携機能やGPSを用いた検索機能を用意した。

[田中聡,ITmedia]

 楽天トラベルは8月19日、Androidスマートフォン向けアプリ「楽天トラベル」の提供を開始した。同社は2009年8月に、Android端末向けに楽天トラベルのWebサイトの表示を最適化したが、公式アプリの提供は初めて。料金は無料。

 同アプリでは、GPS機能を利用して現在地や目的地周辺の施設情報の検索や予約ができる機能や、施設情報をTwitterなどに投稿できるシェア機能を用意。検索機能では、日付や人数、部屋数、地域から調べることができ、料金順やお勧め順などの並び替えも可能。「禁煙ルーム」「大浴場」「温泉」などの絞り込みもできるほか、施設名以外で調べられるキーワード検索もある。ただし同アプリで予約ができるのは国内の施設のみ。

 気に入った施設を15件まで登録できる「お気に入り」機能も用意されており、よく使う施設や検討中の施設を登録しておくと便利だ。ただしPCとケータイ版の「お気に入り」とは連動していない。

 アクセスはAndroid マーケットの「アプリケーション」→「旅行」→「無料」→「楽天トラベル」から。または検索ボタンで「楽天トラベル」で検索から。

photophotophotophoto トップページの検索画面と検索結果(写真=左端、左中)。キーワードからも検索できる(写真=右中、右端)
photophotophoto 最大15件の宿泊施設を「お気に入り」に追加できる(写真=左、中)。トップページのサブメニューから、お気に入りの閲覧や現在地周辺のホテル検索が可能(写真=右)
photophotophotophoto GPSを利用し、現在地周辺の施設を検索できる(写真=左端、左中)。施設詳細ページのサブメニューで「シェアする」を選ぶと、Twitterやメールなどに施設のURLを引用できる(写真=右中、右端)

  • →Androidマーケットで「楽天トラベル」をダウンロードする(PCからはアクセスできません)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.