ニュース
» 2010年11月04日 13時20分 UPDATE

Android 2.2採用のコンパクトなスマートフォン「Libero 003Z」

ソフトバンクのZTE製Android端末「Libero 003Z」は、3.5インチの大型ディスプレイを備えつつ、ボディを比較的コンパクトに仕上げたスマートフォン。500万画素カメラを備え、日英中3カ国語に対応する。

[山田祐介,ITmedia]
photo 「Libero 003Z」

 ソフトバンクモバイルのZTE製Androidスマートフォン「Libero 003Z」は、OSに最新のAndroid 2.2を採用したモデルだ。おサイフケータイやワンセグ、赤外線といった機能は備えないが、ケータイで慣れ親しんだ「S!メール」(MMS)を利用できるアプリがプリセットされている。ベースモデルは、ZTEがグローバルに供給する「Blade」(関連記事)と思われる。発売は12月の予定。

 ボディサイズはiPhone 4より幅や高さが若干コンパクトな約57×114×12.5ミリ(幅×高さ×厚さ)となっており、重さはソフトバンクのAndroid端末として最軽量の110グラム。装飾を控えたシンプルなボディデザインも特徴的だ。CPUはQualcomm MSM7227 600MHzを採用した。

 ディスプレイは約3.5インチのワイドVGA(480×800ピクセル)液晶を採用している。マルチタッチに対応し、Webブラウザや写真の拡大縮小を2本の指で直感的に操作するといったことができる。ボディ裏面には500万画素のCMOSカメラを搭載する。

 10万個以上のアプリがそろうAndroidマーケットを利用できるほか、Gmailや、Googleマップのナビゲーション機能などの各種Googleサービスとスムーズに連携する。また、メニューやブラウザ、メールなどの入力・表示が、日英中の3カ国語に対応しているのも特徴だ。

「Libero 003Z」の主な仕様
機種名 Libero 003Z
OS Android 2.2
CPU Qualcomm MSM7227 600MHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約57×114×12.5ミリ(突起部除く)
重さ 約110グラム
連続通話時間 W-CDMA:測定中、GSM:測定中
連続待受時間 W-CDMA:測定中、GSM:測定中
カメラ 有効約500万画素CMOS(AF対応)
外部メモリ microSDHC(2Gバイト同梱/最大16Gバイト)
ディスプレイ 約3.5インチワイドVGA(480×800ピクセル)液晶
バッテリー容量 1250mAh
ボディカラー チタンブラック、ホワイト
主な機能 GPS、Wi-Fi、世界対応、HSDPA(7.2Mbps)、Bluetooth、S!メール、Androidマーケット ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.