ニュース
» 2011年04月25日 16時50分 UPDATE

auのスマートフォン、通期販売目標は400万台――5月に新モデル発表会も

KDDIの田中社長が、スマートフォンの目標販売台数に言及。2011年度は通期で400万台を目指すとした。また、新モデルの発表会は5月に開催するという。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏

 KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏が決算会見の席上で、2011年度のスマートフォンの目標販売台数を400万台としていることを明らかにした。

 「今期出す機種の半分以上はスマートフォンになる」(田中氏)という言葉通り、KDDIはスマートフォンを軸とする戦略にシフトしている。スマートフォンに機種変更した人のデータARPU(ユーザー1人あたりの平均月間収入)が約1600円上昇するなど、収益面でも大きな効果を上げていることから、2011年度も「スマートフォンへのシフトを鮮明にする」(同)考え。日本の定番機能を備えたモデルやグローバルモデル、WiMAX対応モデルを幅広く取りそろえてラインアップを拡充し、2011年度は全体の33%にあたる400万台までスマートフォンの販売台数を引き上げたいとした。

Photo スマートフォンへの機種変更前後のデータARPUの変化とスマートフォンの販売見込み

 なお、ソフトバンクモバイルが「従来規模のものは自粛する」とした新モデルの発表会については従来通り開催する方針。田中氏によれば5月を予定しているという。

※初出時に年度が誤っておりました。お詫びし訂正いたします。

関連キーワード

スマートフォン | KDDI | 販売台数 | ARPU | 田中孝司 | WiMAX


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう