ニュース
» 2011年04月26日 17時01分 UPDATE

「ユーザーに感動を」――音楽、映画、ゲーム、ブックを包含するSony Tablet

ソニーはAndroid 3.0を搭載するタブレット端末「Sony Tablet」2機種を発表した。発売は今秋以降だが、音楽、映画、ゲーム、ブックといった同社のエンターテインメントビジネスに支えられ、ロケットダッシュを果たすかもしれない。

[西尾泰三,ITmedia]

 ソニーは4月26日、都内で開催した「Sony IT Mobile Meeting」で、Android 3.0を搭載したタブレット端末「Sony Tablet」2機種を2011年秋以降に発売することを発表した。

tnfigst2.jpg 披露されたSony Tablet2機種。左がS1、右がS2

 ソニーの代表取締役副社長、コンスーマープロダクツ&サービスグループ プレジデントの平井一夫氏は、「タブレットの躍進はめざましいものがある。革新性の象徴だ」として、Sony Tabletの投入を明言した。

 その平井氏の後を受けて登壇したソニー業務執行役員 SVP 兼 コンスーマープロダクツ&サービスグループ デピュティプレジデント兼VAIO&Mobile事業本部長の鈴木国正氏から、Sony Tabletが報道陣に披露された。

ソニーらしさが詰まったSony Tablet

 まだ正式な商品名は明かされず、コードネームでの紹介となったSony Tablet。「S1」のコードネームを持つ端末は、9.4型液晶(1280×800ドット)を備えたタブレット端末で、本体の片側に厚みを持たせた偏重心デザインを採用している。このデザインにより、本体下部を持ったときの安定したホールドを可能にするとともに、ストレスのない使用感を目指したという。

tnfigst10.jpgtnfigst11.jpgtnfigst12.jpg S1外観
tnfigst3.jpgtnfigst4.jpg S1のデモ画面。

 一方、「S2」のコードネームを持つ端末は、5.5型液晶(1024×480ドット)を2画面備えた端末で、折りたたむことでコンパクトに携帯できるデザインを採用。2つの画面をそれぞれ表示系と操作系に分け、機能的に使い分けられることなどが特徴となっている。

tnfigst13.jpgtnfigst14.jpgtnfigst15.jpg S2外観

 明かされているスペックでは、いずれもCPUにNVIDIAのTegra 2を搭載するほか、フロント/バックカメラが搭載されることが分かっているが、そのほかのスペック――重量、メモリ、カメラ画素数、バッテリー駆動時間、価格――などは明らかにされなかった。ただし、リリースには「Wi-FiやWAN機能を搭載」とあり、3GあるいはWiMAXが搭載される可能性が高い。

 このほか、ユーザーインタフェースには、「Quick and Smooth Touch Panel」と呼ばれる同社独自の技術が採用され、タッチ操作の即応性が向上しているほか、「Swift Web Access」によってWebブラウザの表示高速化が図られている。割り込み処理やプリフェッチなどに工夫が施されたもののようだが、こうした技術によって“サクサク感”を高めている。

音楽、映画、ゲーム、ブックを融合したサービスを提供

 ソニーが2010年に電子書籍端末「Reader」の国内展開を発表した際、エンターテインメントビジネスの柱として、音楽、映画、ゲーム、そしてブックを挙げている。今回ソニーが発表したSony Tabletはこれらが戦略的に盛り込まれている。

 具体的には、音楽配信サービス「Music Unlimited」などを包括するコンテンツサービス「Qriocity」のほか、初代プレイステーションの名作タイトルなどを楽しめる「PlayStation Suite」、ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」のAndroidアプリが提供される。

tnfigst7.jpgtnfigst8.jpg PlayStation Suiteのゲームをプレイしているところ。左がS1、右がS2でのプレイ。処理速度などは以下の動画で確認してほしいが、L/Rボタンの位置が少々気になる
tnfigst5.jpgtnfigst6.jpg S2でReader Storeに接続したところ(写真=左)/同じくS2で電子書籍を閲覧したところ。S2の場合、向きを変えて読むことが想定されているようだ(写真=右)

 また、先日Android 3.0搭載タブレットを発表した東芝もそうであるように、ソニーもSony TabletとAV機器との連携を視野に入れている。具体的には、Sony Tabletから家庭内の機器をコントロールできるほか、赤外線ポートを備えるS1では、BRAVIAのテレビなど、さまざまな機器のリモコンとしても利用できる。両機種ともDLNA機能を用いることで、端末内のコンテンツをテレビに表示したり、音楽をワイヤレススピーカーから再生したりできる。


 ハード、ソフト、ネットワークの積分で勝負が決まると常々口にしてきたソニー。「ユーザーに感動を与えたい」(平井氏)と満を持して投入するAndroid 3.0タブレットはそうした思想が具現化した製品として、今秋の発売が待たれる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう