ニュース
» 2011年10月04日 23時20分 UPDATE

ウィルコム、被災地のPHSサービスを震災前の品質まで復旧

ウィルコムは、東日本大震災の影響を受けていた被災地エリアの通話品質について、予定通り9月末までに普及させたと発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 ウィルコムは10月4日、東日本大震災の被災地(生活圏)におけるPHSサービスが、9月末までに震災前の品質まで復旧したと発表した。ただし、立ち入りが制限されている東京電力福島第一原子力発電所付近の制限地域は除く。

 今回の震災ではウィルコムの設備も大きな被害を受け、地震翌日の3月12日には最大約1万4000基地局が停波し、サービスを提供できなくなった。約1カ月後の4月18日には停波基地局が約540局まで減少し、被災前の96%のカバーエリアまで回復。9月末の完全普及を目指していた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう