ニュース
» 2011年10月17日 19時32分 UPDATE

ニコン、プロジェクター内蔵デジカメ「COOLPIX S1200pj」を活用するiPhoneアプリ

ニコンはプロジェクター内蔵のデジタルカメラ「COOLPIX S1200pj」と組み合わせることで、各種iOS製品に保存されたコンテンツを投影できるiPhoneアプリ「iP-PJ Transfer」を提供開始した。

[ITmedia]

 ニコンはプロジェクター内蔵のデジタルカメラ「COOLPIX S1200pj」と組み合わせることで、各種iOS製品に保存されたコンテンツを投影できるiPhoneアプリ「iP-PJ Transfer」を提供開始した。

photo「COOLPIX S1200pj」のプロジェクター投映(イメージ)

 COOLPIX S1200pjは出荷時より専用ケーブルを利用してiPhoneやiPadなどへ保存されている映像の投映が行える機能を備えているが、新たに提供開始されたアプリを利用すれば、静止画のサムネイル表示やパソコンからアプリへ登録したWordやExcel、Keynoteなどのドキュメントファイル、Webサイトなども投映できるようになる。

 COOLPIX S1200pj内蔵プロジェクターの最大投映サイズは60型、最長投映距離は3メートル10センチ。プロジェクターの方式にはDLPが採用されており、コントラスト比は200:1以上、色域もsRGB比約100%となっている。カメラ部は1/2.3型 有効1410万画素CCDに35ミリ換算28〜140ミリの光学5倍ズームレンズを組み合わせる。本体サイズは約107(幅)×63.4(高さ)×22.6(奥行き)ミリ、約186グラム。

photophoto

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう