ニュース
» 2011年11月30日 12時17分 UPDATE

「F-02D」にバッテリー関連の不具合、ソフトウェア更新開始

ドコモの「F-02D」に不具合が確認された。同社は11月29日からソフトウェア更新を実施している。

[田中聡,ITmedia]
photo 「F-02D」

 NTTドコモが11月29日、富士通製ケータイ「F-02D」の不具合を解消するソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートにより解消される不具合は、F-02Dを充電中、まれにバッテリー残量表示が急激に変化する場合があるというもの。

 新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前3時)に書き換えられる。また、MENU→「本体設定」→「その他設定」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。ソフトウェア更新の所要時間は約15分。更新にかかる通信料は無料。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.