ニュース
» 2012年02月22日 21時57分 UPDATE

パナソニック、AirPlay専用スピーカー「SC-AP01」を発売

パナソニックは、iPhoneなどの音楽をワイヤレス再生できるAirPlay専用ステレオシステム「SC-AP01」を4月20日に発売する。

[ITmedia]

 パナソニックは2月22日、iPhoneなどの音楽をワイヤレス再生できるAirPlay専用ステレオシステム「SC-AP01」を発表した。4月20日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では2万3000円前後になる見込みだ。

ts_panaairplay01.jpg AirPlay専用ステレオシステム「SC-AP01」

 スピーカー部の前面をフラットとし、細かいメタルネットで高級感を演出したスリムなスピーカー。奥行きは約59ミリとコンパクトで、置き場所を選ばない。iPhoneなどを充電するための専用USBポートも備えている。

ts_panaairplay02.jpg 専用のリモコンアプリは無償ダウンロードが可能

 IEEE 802.11b/g準拠の無線LANを内蔵し、AirPlay対応デバイスから楽曲をワイヤレス再生できる。専用のリモコンアプリ「Panasonic Stereo System Remote 2012」をインストールすれば、iPhoneをリモコンとして使用可能。各種操作にくわえ、イコライザー設定などもタッチパネルで直感的に操作できるという。

 スピーカー部は、立体構造の「エアロストリームポート」によるバスレフ型とし、ユニットにはお得意の竹繊維振動板を採用した4センチフルレンジ「新ナノバンブースピーカー」を搭載。羽毛化した竹繊維を使うことで剛性をアップし、高いリニアリティーを実現したという。

 内蔵アンプの出力は各チャンネル5ワット。また、立体的な音場とクリアなボーカルを両立させる「ダイレクトボーカルサラウンド」機能、音のひずみを演算処理で取り除く「ピュアダイレクトサウンド」機能といった高音質技術を投入している。

 本体サイズは、430(幅)×128(高さ)×59(奥行き)ミリ。重量は約1キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう