ニュース
» 2012年05月24日 22時06分 UPDATE

ソフトバンク、「AQUOS PHONE 103SH」のソフト更新を開始

ソフトバンクモバイルは、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE 103SH」のソフト更新を開始した。緊急速報メールをより確実に受信できるよう改善される。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは5月24日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE 103SH」の最新ソフトウェアを公開した。適用すると緊急速報メールをより確実に受信できるよう改善される。

 対象ユーザーには、ソフト更新を通知するSMSが順次送信され、予定の日時に自動で更新ソフトのダウンロードが始まる。また、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と操作しての手動更新も可能だ。ソフトのダウンロードは3Gと無線LANのどちらでも行える。ダウンロード後のソフト更新はユーザーの操作で開始する。更新作業の所要時間は最大で約20分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.