ニュース
» 2012年07月12日 15時32分 UPDATE

ドコモ、「P-04D」「P-05D」「SH-01D」「SH-02D」のソフトウェア更新を実施

ドコモスマートフォン4機種の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが7月12日、スマートフォン「P-04D」「Disney Mobile on docomo P-05D」「AQUOS PHONE SH-01D」「AQUOS PHONE slider SH-02D」の不具合を解消するソフトウェア更新を開始した。

photophoto 「P-04D」(左)と「Disney Mobile on docomo P-05D」(右)
photophoto 「AQUOS PHONE SH-01D」(左)と「AQUOS PHONE slider SH-02D」(右)

 アップデートにより解消される不具合は以下のとおり。

P-04D

  • 通話中に保留をすると異音が聞こえる場合がある。
  • microSDXCが挿入されたmicroSDリーダやデジタルカメラなどの外部機器を接続すると、microSDXC内のデータが破損する。

Disney Mobile on docomo P-05D

  • 通話中に保留をすると異音が聞こえる場合がある。
  • microSDXCが挿入されたmicroSDリーダやデジタルカメラなどの外部機器を接続すると、microSDXC内のデータが破損する。

AQUOS PHONE SH-01D

  • 他の携帯電話からスケジュールデータを赤外線送信した場合、登録日付がずれる場合がある。
  • microSDXCカードを差し込むと、microSDXCカード内のデータが破損する。

AQUOS PHONE slider SH-02D

  • 他の携帯電話からスケジュールデータを赤外線送信した場合、登録日付がずれる場合がある。
  • microSDXCカードを差し込むと、microSDXCカード内のデータが破損する。

 P-04DとP-05Dはソフトウェアの自動更新には対応しておらず、「設定」→「端末情報」→「機能バージョンアップ」→「サーバから更新」→「ソフトウェア更新」から手動で更新する必要がある。また、パナソニック モバイルのPCサイトからダウンロードした更新ファイルをmicroSDに転送して更新することも可能。

 SH-01DとSH-02Dの新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜4時)に書き換えられる。また「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。

 更新時間はP-04Dが約42分、P-05Dが約44分、SH-01DとSH-02Dが約7分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう