ニュース
» 2012年08月30日 21時19分 UPDATE

東急と阪急、駅や商業施設で公衆無線LANサービスを提供

KDDIとソフトバンクモバイルは、こどもの国線を除いた東急電鉄の全駅と、阪急電鉄の一部駅構内で公衆無線LANサービスを提供開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIとソフトバンクモバイルは、東急電鉄と阪急電鉄の駅へ公衆無線LANサービスの「au Wi-Fi SPOT」および「ソフトバンクWi-Fiスポット」を提供し、今後、順次拡大すると発表した。

 東急電鉄では9月から、田園都市線の全駅でau Wi-Fi SPOTとソフトバンクWi-Fiスポットのほか、docomo Wi-Fi(NTTドコモ)とWi2300(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)が利用可能になる。その後、12月ごろに東横線、2013年4月に目黒線・大井町線、2013年夏ごろから池上線・東急多摩川線・世田谷線へと対象路線を広げる。利用できるのは各駅のホームやコンコースなど。なお、こどもの国線の恩田駅、こどもの国駅は対象外となっている。

 また阪急電鉄では8月30日より、神戸線の武庫之荘駅、園田駅の各駅構内でau Wi-Fi SPOT/ソフトバンクWi-Fiスポット/Wi2300が利用できるようになった。今後、9月末までに神戸線の塚口駅、夙川駅、岡本駅、六甲駅でも公衆無線LANサービスを導入し、10月以降に大阪市営地下鉄管轄の「天神橋筋六丁目駅」を除く阪急電鉄の85駅へ順次拡大する。

 また阪急の商業施設では、8月30日に阪急三番街と阪急西宮ガーデンズにてau Wi-Fi SPOTとWi2300が利用可能になった。9月以降に、その他の阪急阪神ホールディングスグループの商業施設にも展開する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.