トップ10
» 2012年09月24日 15時46分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:SIMロックフリー版「iPhone 5」のお値段は

発売後も、KDDI(au)とソフトバンクモバイルで激しいサービス競争が続きそうな「iPhone 5」。第3の道であるSIMロックフリー版を購入する手もあるが、価格や在庫状況、SIMサイズの問題など、ちょっとハードルが高そうだ。

[平賀洋一,ITmedia]

 今週のMobile Weekly Top10は、9月17日から9月23日までに読まれた記事のアクセス数を集計した。先週はついに「iPhone 5」が発売となり、Top10のうち9本が関連の話題だった。iPhone以外では、ドコモのLG製秋モデル「Optimus G」の発表会記事が唯一入っている(9位)。Optimus Gはスペックはもちろん、発売時期などもiPhone 5を強く意識しており、(記事ランキングとはいえ)一矢報いる格好となった。

 さて、国内ではKDDIとソフトバンクモバイルが販売するiPhone 5だが、第3の選択肢といえるのが、海外通販や並行輸入で日本に持ち込まれるSIMロックフリー版だ。そこで、iPhone 5を取り扱ういくつかのECサイトで販売価格を調べてみた。価格は24日15時現在のもので、為替の影響などで変動する可能性がある。また在庫状況も随時変わるため、詳しくは各サイトで直接確認していただきたい。

 海外ケータイの老舗通販サイト「EXPANSYS Japan」では、iPhone 5の16Gバイトモデルを8万8913円、32Gバイトモデルを9万8007円、64Gバイトモデルを10万7100円で販売している。なお、同店で購入すると香港からの個人輸入になるため、関税と消費税が後からかかる点に注意したい。

 バリューコネクトが運営する「HAKURAImobile」は、16Gバイトモデルを8万9900円、32Gバイトモデルは9万9800円、64Gバイトモデルは10万9800円で仮予約を受け付けている。またNG-lifeが運営する「Simfree*Mobile」は、16Gバイトモデルが11万4800、32Bバイトモデルは12万4800円、64Gバイトモデルは13万4800円と、ほかより高めの価格設定となっている。

 さて、SIMロックフリー版iPhone 5を国内で使うには、端末とは別に回線用のnanoSIMが必要になる。これまでのiPhoneではドコモ回線か、MVNOの日本通信のSIM製品を使うのが定石だった。しかし、今のところどちらもnanoSIMを提供していないため、端末を買っても合うSIMがないという状態だ。既存のSIMをカットして使う方法もあるが、利用規約的にグレーな使い方になることを覚えておきたい。またカットしたドコモSIMでは、LTE通信ができないという情報も出始めた。

 よほど人柱としての覚悟がないかぎり、現時点ではSIMロックフリー版iPhone 5に手を出さないほうが無難と言えそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.