ニュース
» 2012年10月26日 22時45分 UPDATE

携帯販売ランキング(10月15日〜10月21日):新発売のAndroidスマホ秋モデルがiPhone 4Sを押しのけランクイン (1/4)

NTTドコモが8月29日に発表した秋モデルの端末が徐々に店頭に並び始めている。いぜんとしてランキングには「iPhone」が多数ひしめくが、Androidスマートフォンも上位にランクインするモデルが出てきた。

[園部修,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

10月15日〜10月21日
順位前回順位キャリアモデル
1位3ソフトバンクiPhone 5(32Gバイト)
2位10ソフトバンクiPhone 5(16Gバイト)
3位4auiPhone 5(32Gバイト)
4位11auiPhone 5(16Gバイト)
5位5NTTドコモGALAXY S III SC-06D
6位NTTドコモOptimus G L-01E
7位1auiPhone 5(64Gバイト)
8位7NTTドコモSH-11C
9位9NTTドコモAQUOS PHONE si SH-01E
10位2ソフトバンクiPhone 5(64Gバイト)

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


Photo iPhone 5

 先週、先々週と携帯販売ランキングでキャリア総合トップだったau版の「iPhone 5」64Gバイトモデルが、今週は大きく順位を下げて7位となった。またソフトバンクモバイル版のiPhone 5 64Gバイトモデルも2位から10位へとランクダウンしている。変わってトップに立ったのはソフトバンクモバイルのiPhone 5 32Gバイト版。2位にも同じくソフトバンクモバイルのiPhone 5 16Gバイト版が入った。au版iPhone 5は32Gバイトが3位、16Gバイト版が4位に付けた。iPhone 5は、供給が安定しておらず、一時的に64Gバイト版の販売数が大きく減ったのかもしれない。10月27日からは、ソフトバンクモバイルのiPhone 5 64Gバイトはほぼ店頭で当日持ち帰れるくらいにまで供給が増えているとのことなので、来週はまた順位が大きく変わるかもしれない。もともとiPhoneは、リテラシーの高いユーザーが初期に大容量モデルを購入した後は、容量の少ないモデルの方が長く売れる傾向があり、iPhone 5もそろそろそういった状態に移行しつつあるのかもしれない。

 NTTドコモの2012年夏モデルのフラッグシップ「GALAXY S III SC-06D」は、今週もiPhone 5に抑えられて5位。しかし、2012年秋モデルとして10月19日に発表されたLGエレクトロニクス製の「Optimus G L-01E」が、発売初週の3日間の数字で6位に入っている。ハイスペックな上にデザインも洗練されており、来週はさらに順位を上げてくる可能性もありそうだ。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.