ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Optimus G L-01E」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Optimus G L-01E」に関する情報が集まったページです。

gooスマホ部:
LINEの友達削除について
LINEで友だちを削除しても、その人からのトークは受信できるのでしょうか。(2014/12/19)

isai Press Conference 2013:
KDDIとLGが生んだ異才な存在「isai LGL22」――“ただのコラボモデル”じゃない理由とは
auの2013年冬モデルのなかで、KDDIが戦略モデルと位置付けている「isai LGL22」。なぜLGと共同開発したのか。isaiという名称にはどんな思いが込められているのか。両社の担当者が韓国・ソウルで説明した。(2013/12/5)

PCや他社スマホでも利用可能:
「ドコモメール」提供開始――機種ごとの対応スケジュールや利用方法も案内
ドコモの新しいキャリアメールサービス「ドコモメール」が、10月24日9時から提供開始された。ドコモは機種ごとの対応スケジュールや利用方法などを案内している。(2013/10/24)

ドコモ、「Xperia SX/GX」ほかスマホ1機種で不具合改善のアップデート
ドコモは、「Xperia SX/GX」と「Optimus G L-01E」で不具合を改善するソフトウェア更新を開始した。いずれも、OSをAndroid 4.1にバージョンアップしておく必要がある。(2013/9/18)

ドコモ、「Optimus G L-01E」でWi-Fi接続の不具合を改善するアップデート
ドコモが7月22日、LG製スマートフォン「Optimus G L-01E」でWi-Fi接続時にまれに端末本体が再起動する不具合を改善するソフト更新を開始した。(2013/7/22)

OTAS、スワロフスキーで輝くスマホ用の「イニシャルデコケース」
OTASは、iPhoneとAndroid端末向けに、アルファベッドを装飾したスマートフォンケースを発売した。(2013/7/17)

ドコモ、Android 4.1、4.2のアップデート対象“予定”モデルを公開
NTTドコモは、5月8日にAndroid 4.1、または、Android 4.2へのアップデートを予定しているモデルの最新状況を公開した。(2013/5/8)

ミヤビックス、ウールフェルト&高級レザーの収納ポケットつきスマートフォンケース
「Charbonize」ブランドより、軽量で柔らかなウールフェルトと上質な高級レザーを採用したスマートフォンケースが登場。カード類や紙幣を収納できるポケット付きで、スナップ式ボタンでスムーズに開閉できる。(2013/4/4)

ふぉーんなハナシ:
海外用Wi-Fiルーターをレンタルする、もう1つの(実に細かい)理由
海外用モバイルWi-Fiルーターのレンタルで注目すべきはやはりコストの安さ――だが、セットに付属する充電器やポーチが、結構役に立つ。(2013/4/1)

グローバル版よりディスプレイが小さい理由とは――「Optimus G Pro」製品説明会
LGエレクトロニクスがドコモ向け「Optimus G Pro」の製品説明会を開催。日本市場を重視したフラッグシップモデルを開発し、その後グローバルモデルへと展開する同社の戦略を説明した。(2013/3/27)

ドコモ、Optimus G L-01Eとタブレット2機種でソフトウェア更新
ドコモが3月26日、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。(2013/3/26)

最新スマートフォン徹底比較:
現行Androidスマートフォンのメモリ(ROM/RAM)を調べてみた
スマートフォンを快適に使う上で「メモリ」の数値も見逃せない。内蔵メモリが最も大きい機種は? そして実際に使えるメモリはどれくらいなのか? Android 29機種を調べてみた。(2013/3/19)

ドコモ、「Optimus G L-01E」のアップデートを開始
NTTドコモが「Optimus G L-01E」のソフトウェアアップデートを開始。動画ストリーミング再生中に音声が遅れる現象を改善するほか、「Playブックス」アプリを追加する。(2013/2/14)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第7回 ベンチマークスコアが高い/起動が速いスマートフォンは?
秋冬モデルではクアッドコアCPUを備えたスマートフォンが、実際の性能はどこまで上がっているのだろうか? 定番のベンチマークアプリ「Quadrant Professional Edition」と、もう1つ「Vellamo」アプリを使って比較した。また起動時間も調べた。(2013/2/8)

バッテリー容量3000mAh:
写真で解説する「Optimus G Pro L-04E」
5インチフルHDの次世代タッチパネルディスプレイを搭載し、1.7GHz駆動のクアッドコアCPUを採用したハイスペックな「Optimus G Pro L-04E」。しかし何よりの武器は、容量3000mAhという巨大バッテリーを備えていることだ。(2013/2/6)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第6回 バッテリーが持つスマホは?――26機種のYouTube連続再生/待受テストを実施
スマートフォンで特に気になるスペックの1つがバッテリーの持ちだろう。実際にどれだけ持つかは公称のスペックからは分からない部分も多い。そこで、秋冬モデル26機種のYouTube連続再生時間と、24時間放置後のバッテリー残量を調べた。(2013/2/5)

読者が決める「買って良かったスマホ・ケータイ」結果発表 その良い点・悪い点とは
多種多様な機種が発売されているスマートフォン。ユーザーはどんなスマホを購入して「良かった」と思っているのか、また悪かったと感じる点はどこなのか。アンケート結果から人気端末の傾向を見てみました。(2013/2/1)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第5回 持ちやすいスマホはどれ?――秋冬モデル26機種を採点
単純なスマホのスペックからは分かりにくい点の1つが「持ちやすさ」だ。スマホ横並び記事では恒例の“持ちやすさ採点”を今回も実施。トータルで持ちやすい機種はどれか?(2013/1/31)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第4回 バッテリー容量が大きいモデルは? 卓上ホルダは利用できる?
スマートフォン2012年秋冬モデルの機能やスペックを横並びで比較する本コーナー。第4回では、26機種のバッテリー容量、連続待受時間・通話時間、卓上ホルダの有無などを調べた。(2013/1/29)

調査リポート:
地下鉄ホームでLTEを快適に使えるのはどのキャリア?――MMD研究所調べ
MMD研究所が、全国6都市34路線615駅の地下鉄ホームで、モバイル3キャリアのLTE速度調査を実施。LTEの捕捉状況はiPhone、Android端末ともにauがトップとなった。(2013/1/25)

NEXTシリーズ:
3000mAhの大容量バッテリーを搭載した5インチフルHDスマホ――「Optimus G Pro L-04E」
ドコモの2012年秋モデルとして登場した「Optimus G」が、ディスプレイとバッテリーを強化して“Pro”仕様に進化。プロセッサーもさらに高速化され、「ながら操作」機能がさらに便利になった。(2013/1/22)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第3回 フルHD液晶はどれだけキレイ?――スマホ26機種のディスプレイを比較
スマートフォン2012年秋冬モデルの機能やスペックを横並びで比較する本コーナー。第3回では、26機種のディスプレイサイズや解像度、種類の違いをまとめた。(2013/1/4)

ITmediaスタッフが選ぶ、2012年の“注目ケータイ&トピック”(編集部平賀編):
今年気になったスマホで打線を組んだ(DHあり)
2012年のモバイル業界を振り返った結果、今年気になったスマートフォンで打線を組むことになった。異論はもちろん認める。(2012/12/30)

Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【高知県編】
ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は高知県での調査結果をお届けする。(2012/12/28)

Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【はじめに】
いよいよ開始されたドコモの下り最大100MbpsのLTEサービス。まだ利用できるエリアは限定的だが、対応エリアで実際どれほど速度が出るのかが気になる。そこでAppComing編集部では、100Mbps対応エリアを訪れ、実効速度を徹底調査した。(2012/12/27)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2012:
2012年を代表するスマートフォンは!
ITmedia Mobileと週刊アスキーが12月26日、各誌で活躍するジャーナリスト・ライター各氏とともに、2012年を代表するスマートフォンとタブレット端末を、「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2012」として選出した。(2012/12/26)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第2回 クアッドコアCPU搭載機はどれくらい?――26機種のプロセッサーを比較
スマートフォン2012年秋冬モデルの機能やスペックを横並びで比較する本コーナー。第2回では、26機種のアプリケーションプロセッサーとベースバンドチップの違いをまとめた。(2012/12/25)

最新スマートフォン徹底比較(2012年秋冬モデル編):
第1回 小型で軽い機種は?――スマートフォン秋冬モデル26機種を比較
恒例のスマートフォン横並び比較の2012年秋冬モデル編をスタート。今回はドコモ、au、ソフトバンクから25機種をピックアップ。第1回ではサイズと重さをまとめ、幅、高さ、厚さ、重さのランキングも作成した。(2012/12/20)

純正オプション:
確かにスタートダッシュが違った――ドコモの「ACアダプタ 04」を試す
ドコモが発売した最新のスマホ用充電器「ACアダプタ 04」。出力電流を増やすことで急速充電を可能としたモデルだが、実際にはどれくらい速く充電できるのだろうか。(2012/12/14)

石野純也のMobile Eye(12月3日〜12月14日):
iPhone版「Google マップ」の使い勝手/「203SH」IGZO搭載の理由/ドコモ純減の背景
iPhoneユーザーにとっては待望とも言える「Google マップ」が13日にApp Storeで公開された。使い勝手はどうか。急きょディスプレイに「IGZO」搭載が決まった「AQUOS PHONE Xx 203SH」と、2012年11月にドコモの契約数が純減した背景についても解説したい。(2012/12/14)

受信感度がイマイチなら:
NOTTV(モバキャス)用のアンテナケーブルを使ってみた
対応スマホが増えているNOTTVだが、放送エリアがまだ限られており、室内ではうまく受信できないことも多い。NOTTVは受信環境を少しでも改善するべく、専用のアンテナケーブルを無料で提供している。(2012/12/12)

携帯販売ランキング(11月19日〜11月25日):
「Xperia AX SO-01E」の勢い続く、2週連続トップ
先週「iPhone 5」のランキング首位独走をとめた「Xperia AX SO-01E」が2週連続でトップに。どのランキングも大きな変動はなかった。(2012/11/30)

佐藤卓氏デザイン監修:
写真で解説する「Optimus LIFE L-02E」
ドコモの冬モデル「Optimus LIFE L-02E」は、デザイナーの佐藤卓氏がデザイン監修を行った個性的なスマートフォン。デザイン性だけでなく、スペックの高さも特徴だ。(2012/11/29)

携帯販売ランキング(11月12日〜11月18日):
「iPhone 5」の首位独走が8週でストップ――止めたのはあのスマホ
まだまだ続くかと思われた「iPhone 5」のランキング首位独走を、NTTドコモのスマホ冬モデルが止めた! iPhone 5を抑えて初登場1位となったその端末とは……。(2012/11/26)

ドコモ/au版「Optimus G」を比較する(後編)――通信速度やバッテリーの持ちはどう?
LGエレクトロニクスが日本市場に投入した「Optimus G L-01E」と「Optimus G LGL21」の違いに迫る特集。後編では、電話やメール機能、通信速度、バッテリーの持ちなどを調べた。(2012/11/22)

携帯販売ランキング(11月5日〜11月11日):
「iPhone 5」の1位〜6位独占状態続く 2日発売のau端末が堂々のトップ10入り
「iPhone 5」の各社各モデルが1〜6位を2週連続で占めた。auが2日に発売したスマホがいきなり「Galaxy S III SC-06D」超えでランクイン。ケータイも大健闘だ。(2012/11/16)

何がすごい? 消費電力は?――「Tegra 3」で再確認するクアッドコアの真価
スマートフォンの普及でにわかに注目を集めるようになったのが「CPU」ではないだろうか。最近は4つのCPUコアを持つ「クアッドコア」対応スマホやタブレットも増えている。ではクアッドコアは何がすごいのか。バッテリーの持ちはどうなのか。「Tegra 3」を取り上げながら見ていこう。(2012/11/16)

調査リポート:
3キャリアのLTEをAndroidで比較、平均速度もつながりやすさもauに軍配――MMD研究所調べ
MMD研究所が通信大手3キャリアのLTEネットワークについて、速度とつながりやすさを比較。Android端末を使って9都市45地域でテストした結果、auに軍配が上がった。(2012/11/13)

携帯販売ランキング(10月29日〜11月4日):
「iPhone 5」の各モデルが1位〜6位を独占 au新モデルは何位?
「iPhone 5」が徐々に当日持ち帰り可能になってきたこともあってか、ついに1〜6位を独占した。auが2日一挙発売した8機種のランキング入りなるか。(2012/11/9)

フォーカルポイント、“大きめ”スマホ用の自転車ホルダーを発売
大きめサイズのスマートフォンを自転車のハンドルなどに取り付けられるホルダーセット「TUNEMOUNT Bicycle mount for Smartphone2」が、11月下旬に発売される。(2012/11/9)

ドコモ/au版「Optimus G」を比較する(前編)――パッケージ、外観の違いは?
LGのフラグシップスマートフォン「Optimus G」がNTTドコモとKDDIから発売されたが、どのような違いがあるのか。前編では、パッケージ・外観と、端末の初期設定・プリインストールアプリについて調べた。(2012/11/6)

携帯販売ランキング(10月22日〜10月28日):
「iPhone 5」の首位揺るがず ソフトバンクの64Gバイト版は予約不要に
発売以来人気で品薄だった「iPhone 5」だが、徐々に予約なしでも購入できるようになってきた。ソフトバンクモバイルは、iPhone 5 64Gバイト版が同日持ち帰り可能になったとアナウンスしている。(2012/11/5)

パーツも日本仕様:
クアッドコアでUIも進化 さらに“小技”を効かせた「Optimus G」の開発背景
ドコモから発売された「Optimus G L-01E」は、ハイスペックなグローバルモデルとしてだけでなく、ワンセグ&NOTTV、赤外線、FeliCaと国内サービスにもフル対応しているLGの意欲作。その開発背景を担当者に聞いた。(2012/10/29)

携帯販売ランキング(10月15日〜10月21日):
新発売のAndroidスマホ秋モデルがiPhone 4Sを押しのけランクイン
NTTドコモが8月29日に発表した秋モデルの端末が徐々に店頭に並び始めている。いぜんとしてランキングには「iPhone」が多数ひしめくが、Androidスマートフォンも上位にランクインするモデルが出てきた。(2012/10/26)

“ホワイト”もあります:
写真で解説する「Optimus G LGL21」
クアッドコアを搭載するLGのフラグシップスマートフォン「Optimus G」がauにも登場する。ドコモ版には無かったNFC機能を搭載し、ホワイトのボディカラーも用意した。(2012/10/22)

「Optimus G L-01E」発売、一括価格は7万円台前半
クアッドコアCPUと2GバイトRAM搭載のXiスマートフォン「Optimus G L-01E」が発売された。一括価格は7万円台前半、月々サポートを引いた価格は1万円代半ば。(2012/10/22)

石野純也のMobile Eye(10月6日〜10月19日):
「LTE」「端末」「サービス」から読み解く携帯3キャリア“冬の陣”
この2週間の大きなトピックは、ドコモ、au、ソフトバンクの新機種が発表されたこと。冬モデルでは高速通信サービスの対応機種が大幅に拡充され、3社ともエリアの拡大にも余念がない。今回はネットワーク、端末、サービスという切り口から3社の戦略を見ていこう。(2012/10/19)

携帯販売ランキング(10月8日〜10月14日):
「iPhone 5」人気の中でも売れ続ける「iPhone 4S」
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社がこの冬の新製品の発表を終えた今週。まだ発売された冬モデルは少ないが、ランキングは相変わらず「iPhone」が多くを占める。(2012/10/19)

4G LTE対応:
クアッドコアCPU搭載、LTE対応で動作キビキビ通信サクサク――「Optimus G LGL21」
クアッドコアプロセッサー搭載、LTE対応で、動作はキビキビ通信はサクサク――。LG自慢のフラッグシップスマートフォンが、auブランドで登場。高性能CPUを生かした多彩な機能も魅力だ。(2012/10/17)

「スマートパス」もサービス拡充:
KDDI、auスマホ・タブレットの2012年冬モデル10機種を発表――全機種LTEに対応しテザリングも提供
KDDIは、2012年冬モデルとなるauのAndroidスマートフォン9機種とタブレット1機種の計10モデルを発表した。全機種がauの4G LTEに対応しテザリングも可能。スマホはすべてワンセグやおサイフをサポートする。(2012/10/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。