ニュース
» 2013年01月08日 19時53分 UPDATE

Qualcomm、クアッドコアCPUの「Snapdragon 800/600」発表

Qualcommがモバイル製品向けプロセッサーの新モデル「Snapdragon 800」「Snapdragon 600」を発表。上位製品のSnapdragon 800は従来モデルから75%の性能向上を果たし、4K動画をサポートするなどハイスペックな製品となっている。

[ITmedia]

 Qualcommは1月7日、モバイル製品向けプロセッサーの新製品「Snapdragon 800」「Snapdragon 600」を発表した。上位製品のSnapdragon 800は、従来製品の「Snapdragon S4 Pro」と比較して75%の性能向上を果たしているという。

 Snapdragon 800は、2.3GHzクアッドコアのKrait 400 CPUを採用し、TSMCの28ナノメートルHPmプロセスの適用により省電力化が図られている。GPUは、S4シリーズのAdreno 320に比べて2倍の性能を持つAdreno 330を搭載した。また、4K(Ultra HD)動画の表示や、最大2560x2048ドットのディスプレイ解像度をサポートしたのも特長。最大150MbpsのLTE カテゴリー4をサポートするモデムを内蔵し、Wi-FiはIEEE 802.11acにも対応する。同チップセットの搭載製品は2013年中頃に発売される予定となっている。

 Snapdragon 600は1.9GHzクアッドコアのKrait 300 CPUを採用し、GPUはAdreno 320。S4 Proから性能が40%向上しているという。2013年第2四半期に搭載モデルが発売される予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう