レビュー
» 2013年01月16日 11時36分 UPDATE

75Mbpsの屋内エリアでも計測:Xi 100Mbpsフィールドテストリポート【石川県編】

ドコモが開始した下り最大100MbpsのLTEサービス(Xi)対応エリアにて、AppComing編集部が実効速度をリポートする本コーナー。今回は石川県での調査結果をお届けする。

[AppComing]
AppComing

 11月16日にNTTドコモがサービスを開始した「docomo LTE Xi下り最大100Mbps」のフィールドテスト特集第9弾は、石川県での測定結果リポートです。電波測定の背景や計測方法などについてお伝えした「【はじめに】」と併せてご参照ください。

※スピードテスト結果の表は、標準計測回数を7回とし、未計測の場合は空欄、計測1度の場合は平均値表記なしとしている。 LTE接続できない場合は計測回数が0または1回としている。

 石川県では、12月15日の午前中に金沢市内のXi 100Mbps対応基地局1カ所で、さらに午後には下り75Mbpsの屋内高速エリアの小松空港で計測を実施した。

 金沢市内の測定ポイントは、金沢駅から1キロほどの百貨店「めいてつ・エムザ」周辺で、近江町いちば館の前で、地方の繁華街エリアだ。観光でも有名な日本庭園の兼六園と金沢町跡地エリアと、金沢駅との中間点に位置する。県庁は駅を挟んで3キロほど北西にあり、測定ポイントからはかなり離れている。

石川県金沢市武蔵町

photophoto
石川県金沢市武蔵町
下り(Mbps) 上り(Mbps) ping(ms)
2012/12/15(土) 10:12〜10:52 計測ツール ベスト 平均 ベスト 平均 ベスト 平均
GALAXY Note II SC-02E/1.5GHz 15MHz RBB Today 73.77 53.64 27.25 13.26 135 205
Speedtest 77.83 73.41 31.22 28.69 98 103
Optimus G LGL21/au 4G LTE RBB Today 19.76 17.38 15.95 15.15 136 144
Speedtest 15.44 15.09 17.03 15.72 111 120
GL04P/EMOBILE LTE RBB Today 11.45 9.86 9.75 9.33 94 100
Speedtest 11.15 10.26 8.33 7.81 94 99
MOTOROLA RAZR M 201M/SoftBank 4G RBB Today 27.94 17.72 2.62 2.25 106 130
Speedtest 24.04 21.22 4.03 3.85 76 95
AQUOS PHONE ZETA SH-02E/1.5GHz 15MHz RBB Today 62.93 7.64 147
Speedtest 53.49 6.21 116

photophoto

 電波強度も-68dBm程度・SNRも表示上限の30という恵まれた測定ポイントだが、さすがに商業施設の近隣では、上限100Mbpsを狙うには厳しい条件だった。

 GALAXY Note IIの平均速度を見ると、53.64Mbpsとやや低い値になっているが、測定場所を探しながらの計測結果も含むもの(かつ、RBB Todayの下り速度が不安定なタイミング)ということで、実際にはSpeedtest.netの結果の通りで、下り最速77.83Mbpsに対して平均73.41Mbpsと非常に高速で安定していた。上り最速31.22Mbpsも上限の37.5Mbpsに近く、平均も28.69Mbps非常に高速な状態で、富山が上り最速と思い込んでいたが、金沢がこの電測ツアーの上り速度ベストを更新した。

 ほかの回線は、au 4G LTEが下りは20Mbpsを超えることなく最速19.76Mbps、上りは高速安定で最速17.03Mbps、SoftBank 4Gは下り最速27.94Mbps・上り最速4.03とやや弱く、EMOBILE LTEは下り最速11.45Mbps・上り最速9.75Mbpsとまずまずの結果だった。

まとめ

 せっかく金沢まで来たのでと、Xi 2.1GHz帯・10MHz幅の屋内高速エリア小松空港でも簡単な電波測定を実施した。

photophoto
小松空港/2.1GHz帯 10MHz
下り(Mbps) 上り(Mbps) ping(ms)
2012/12/15(土) 13:07〜13:17 計測ツール ベスト 平均 ベスト 平均 ベスト 平均
GALAXY Note II SC-02E/1.5GHz 15MHz RBB Today 46.38 34.68 7.57 5.43 137 146
Speedtest 48.28 41.06 8.65 7.36 108 122
HTL21 HTC J butterfly/au 4G LTE RBB Today 9.33 1.77 240
Speedtest 5.14 1.71 154
GL04P/EMOBILE LTE RBB Today 20.06 16.1 7.35 4.79 108 126
Speedtest 17.7 14.43 10.23 5.57 95 134
MOTOROLA RAZR M 201M/SoftBank 4G RBB Today 3Gのみ
Speedtest
GALAXY NEXUS SC-04D/FOMA RBB Today
Speedtest 3.01 1.06 341

 最速75Mbpsの屋内エリアで、下り最速48.28Mbps・上り最速8.65Mbpsは非常に良好な結果だ。

 ほかの回線は、au 4G LTEをHTC J butterfly HTL21で計測したがLTE接続でも下り最速9.33Mbps・上り最速1.77Mbpsとかなり低い値に留まり、SoftBank 4GはLTE圏外で(3Gのみ)で計測を実施せず、EMOBILE LTEは下り最速20.06Mbps・上り最速10.23Mbpsとかなり良好な結果であった。

 空港のようなキーエリアにおいて、各社の取り組みの違いは非常に大きいものとなった。

まとめ

 金沢市内ではXi 2GHz帯およびFOMAでの計測の代わりに、AQUOS PHONE ZETA SH-02EでのXi 1.5GHz帯・15MHz幅でRBB TodayとSpeedtest.netで1回ずつ計測した結果を掲載した。

 GALAXY Note IIのSpeedtest.netでの平均値と比較しても下り速度が3割近く低い値になっているが、今回の電測ツアーで1.5GHz対応機種をXperia AXも含めて数機種用意していたが、電波のつかみが弱いZETAは、メインの計測機種とすることはできなかった。

 バンド固定やSNRを確認する方法を掌握していないことも1つの理由だ。ここまでの結果を踏まえて宮城・仙台での計測は、当初ZETAで行う予定だったが、急遽、GALAXY Note IIを用意して実施している。

 機種によっても異なるが、端末を持つ場所により数値が異なる場合も多く、GALAXY Note IIにおいても、端末上部を握り下部を開放した状態で計測したほうが良い結果が出る場合も多かった。スピードテストでより速いスピードを出すための測定をすう際は、内部のアンテナの位置を考慮して、持つ位置を変えて比較してみることを推奨する。

Xi100Mbps測定ポイント


より大きな地図で Xi100Mbps測定ポイント を表示

© 2016 HEXYZ INC. ALL RIGHTS RESERVED.