ニュース
» 2013年05月15日 11時54分 UPDATE

スリムボディに“オーロラ”イルミ、CPU冷却装置で性能維持──「MEDIAS X N-06E」

ドコモが、NEカシオ製の「MEDIAS X N-06E」を発表した。イルミネーションを効果的に取り入れた“エレガントスリム”なボディはラウンドフォルムで手になじむデザインを採用する。

[長浜和也,ITmedia]

 MEDIAS X N-06Eは、初めてスマートフォンを使うフィーチャーフォンユーザーを意識して、片手でも使いやすいユーザーインタフェースを目指したモデルだ。「伝言メモ」「データBOX」といったiモードケータイの機能と操作方法を再現した「docomo シンプル UI」を導入した。また、Webブラウザには、見たいところを拡大してリンクの押し間違いを防ぐズーム専用ウィンドウや、縦スクロールを片手でも操作しやすくする横型スクロールバーを用意した。

kn_n06p_01.jpgkn_n06p_02.jpg MEDIAS X N-06Eのカラーバリエーションは、PinkとWhiteを用意する

 本体のサイズは、約67(幅)×138(高さ)×8.5(厚さ)ミリ、重さは約136グラムになる。ボディには、2基のイルミネーションを内蔵し、動作によって科学パターンや色が変化する「オーロライルミネーション」が利用できるほか、イヤフォンジャックの内部にもイルミネーションを用意した。ディスプレイは、サイズが4.7インチ、解像度は720×1280ピクセルの有機ELを搭載する。

 プロセッサーは、クアッドコアのSnapdragon S4 APQ8064Tで、動作クロックは1.7GHz。本体内部にCPU冷却装置を実装する。バッテリー容量は2300mAhだ。本体に内蔵したセンサーを利用して、着信中に本体をふせると着信音を消す「インテリジェントUI」や、輝度の強い青色光を約30パーセントカットするブルーカット機能などを利用できる。

 さらに、音声通話を支援する機能として、クリアスピーチ、ハイバークリアボイス、スローボイス、EQセレクトボイスを導入。音声補正のために、本体には3基のマイクを内蔵する。

「MEDIAS X N-06E」の主な仕様
機種名 MEDIAS X N-06E
OS Android 4.2
CPU APQ8064T 1.7GHz クアッドコア
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約67×138×8.5ミリ
重さ 約136グラム
連続通話時間 3G:約580分、GSM:約610分
連続待受時間 LTE:約450時間、3G:約550時間、GSM:約430時間
バッテリー容量 2300mAh
メインカメラ 有効約1310万画素 裏面照射型CMOS
インカメラ 有効約130万画素CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.7インチ HD(720×1280ピクセル)表示
ボディカラー Pink、White
主なサービス・機能 Xi(下り100Mbps/上り37.5Mbps)、FOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、Bluetooth 4.0、Wi-Fiテザリング(10台)、おサイフケータイ、NFC(決済サービス対応)、ワンセグ、spモード、GSM、ほか
発売予定日 6月下旬

(記事掲載当初、連続待受時間と連続通話時間の単位記述に誤りがありました。おわびして訂正いたします)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.