ニュース
» 2013年06月13日 15時43分 UPDATE

ソフトバンク、放射線を測定できる「AQUOS PHONE ss 205SH」を6月21日に発売

ソフトバンクは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE ss 205SH」を6月21日に発売する。片手でも快適に使えるコンパクトボディに放射線測定機能を搭載した。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE ss 205SH」を6月21日に全国で発売する。

photophoto 「AQUOS PHONE ss 205SH」
photophotophoto カラーはシルキーピンク、ホワイト、ブラック、シャンパンゴールド、ネイビーの5色

 AQUOS PHONE ssは、約4インチのフルワイドVGA(854×480ピクセル)TFT液晶を搭載したスマートフォン。OSにはAndroid 4.1、プロセッサーには1.5GHzデュアルコアの「MSM8960」を採用した。アウトカメラには1310万画素のCMOSセンサーを搭載しており、約0.4秒で起動する「ON速起動」や声でシャッターを切れる「Voice Shot」が利用できる。またボディはIPX5/IPX7準拠の防水性能を持つ。

 2012年に発売された「PANTONE 5 107SH」に引き続き、AQUOS PHONE ssにも放射線測定機能を搭載した。従来よりも測定時間を短縮したほか、測定データの地図表示やカレンダー表示も行える。

「AQUOS PHONE ss 205SH」の主な仕様
機種名 AQUOS PHONE ss 205SH
OS Android 4.1
プロセッサー Qualcomm Snapdragon MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約60×122×11.9ミリ
重さ 約119グラム
連続通話時間 3G:約700分
連続待受時間 AXGP:約380時間、3G:約560時間
バッテリー容量 2080mAh
メインカメラ 有効約1310万画素裏面照射型CMOS(AF/手ブレ軽減対応)
インカメラ 有効約30万画素CMOS
メモリ ROM:8Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)※2GバイトのmicroSDカードを同梱
ディスプレイ 約4.0インチ フルワイドVGA(854×480ピクセル)TFT液晶(1677万色)
ボ ディカラー シルキーピンク、ホワイト、ブラック、シャンパンゴールド、ネイビー
主なサービス・機能 防水(IPX5/IPX7)、Bluetooth(4.0)、Wi-Fi(802.11a/b/g/n)、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、緊急速報メール、世界対応ケータイ(W-CDMAのみ)ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.