ニュース
» 2013年06月26日 18時42分 UPDATE

ゴールドなど新ステージを追加:ドコモ、2014年4月から「ドコモプレミアクラブ」のサービス内容を変更

NTTドコモは今冬から、「ドコモプレミアクラブ」「ドコモビジネスプレミアクラブ」のサービス内容を変更する。ステージを判断する条件を見直すほか、DCMX加入者への特典も用意する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは6月26日、同社ユーザー向けの会員サービス「ドコモプレミアクラブ」と「ドコモビジネスプレミアクラブ」のサービス内容を2013年冬から順次改定すると発表した。

 スマートフォンユーザーの増加による利用状況の変化や、長期契約者への特典優遇を拡充する要望が多いことから、ポイントプログラムの変更と会員優待サービスの拡充、安心サポートの見直しを行う。

 2014年4月以降、現在4つあるステージに「ゴールドステージ」「グランドプレミアステージ」「ベーシックステージ」を追加して全7段階とし、毎月の利用料金に応じて付与されるポイント最大10%に引き上げる。なおポイント付与率の計算方法を、従来の100円ごとから1000円の利用ごとに変更する。

photo ドコモプレミアクラブの新ポイントプログラム
photo 現在のポイントプログラム

 ステージ分けの条件では、年間利用金額を廃止して契約期間と指定サービスへの加入状況を導入する。指定サービスとは、スマートフォンユーザーは「あんしんパック」または「おすすめパック」で、同時にMyインフォメールの受信登録が必要。ドコモケータイでは「ケータイ補償お届けサービス」あるいは「iコンシェル」への加入と、Myインフォメール受信登録が必須になる。各サービスへの加入がない場合は、契約期間に関わらずポイント付与率が0.5%(1000円につき5ポイント)のベーシックステージになる。また2ndステージと3rdステージに必要な契約期間も変更。3rdステージはこれまでの8年以上から5年以上に、2ndステージは5年以上から2年以上へと短縮する。

 新たに追加されたゴールドステージは、DCMX GOLDを契約しているユーザーが対象のステージ。契約期間や加入サービスには関係なく、毎月の利用金額に応じて10%(1000円につき100ポイント)の還元が受けられる。さらに、契約期間が15年以上のユーザー向けに、ポイント付与率が5%(1000円につき50ポイント)のグランプレミアステージを設けた。ゴールドステージ以外の会員には「DCMX」への加入でポイント付与率を1.5倍とする特典も用意し、グランプレミアステージではポイント付与率が7.5%に、プレミアステージではポイント付与率が6%へとアップする。

photo 提供されるクーポンも拡充する

 クーポンサービスも強化され、1stステージ以上の会員には従来のドコモクーポンに加え、全国の映画館、レジャーランド、スポーツジムなどを特別優待価格で利用できるクーポンを提供。ゴールドステージとグランプレミアステージの会員には、国内テーマパークの入場券及び優先観覧券、ラグジュアリーホテルのディナー付き宿泊券などが抽選で当たるプレミアムクーポンを提供する。

法人向け「ドコモビジネスプレミアクラブ」の内容も変更

 このほか法人向けのドコモビジネスプレミアクラブにもゴールドステージ/グランドプレミアステージ/ベーシックステージの3つが追加され、ポイント付与率と計算方法も同様に変更となる。

photo ドコモビジネスプレミアクラブの新ポイントプログラム
photo 現在のポイントプログラム

 ただしステージ分け指定サービスが異なっており、ゴールドステージを利用する場合はオフィスリンク+ビジネスmoperaあんしんマネージャーの契約が必要。1stからグランプレミアまでのユーザーの場合は、規定の契約期間とビジネスmoperaあんしんマネージャーかケータイ補償お届けサービス、さらに、ご利用料金管理サービスかMyインフォメール受信登録が必要になる。

 またドコモポイントの付与対象者を、ドコモビジネスプレミアクラブの会員のみとし、FOMA位置情報/FOMAユビキタスサービスの契約者はドコモポイント付与の対象外になる。

プレミアクラブ向けサポートも見直し

 ドコモプレミアクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブの内容変更とは別に、2013年冬モデル以降の機種から、プレミアクラブ会員向けのサポートサービスも見直される。

photo サポート内容も見直す

 ドコモは現在、プレミアクラブ向けに有料の「ケータイ補償お届けサービス」(294円または399円)と「無料故障修理サービス」「修理代金安心サポート」という無償のサポートメニューを用意しているが、冬モデル以降はこれを月額399円の「ケータイ補償サービス(新サービス)」に統合して、無料のサポートメニューを廃止する。

 なお、2013年夏モデル以前の機種を使っている場合は、引き続き無料故障修理サービス/修理代金安心サポートが利用できる。またケータイ補償サービス(新サービス)と「スマートフォンあんしん遠隔サポート」「あんしんネットセキュリティ」を同時に契約する場合は、従来の「あんしんパック」と同様の月額料金になる。

総額1000万ポイントの会員向けキャンペーンも開始

 今回のドコモプレミアクラブのサービス内容変更に先立ち、ドコモは会員向けのキャンペーンを7月1日から開始する。

 1日1回、または特定の曜日にプレミアクラブのサイトにアクセスすると、ゲームにチャレンジするための権利が与えられ、ゲームを通じて10〜1000ドコモポイントが当たる(翌々月に付与)。ゲームのポイント総額は毎月1000万ドコモポイント。期間は2014年3月末まで。

 このほか8月からは、ドコモがオフィシャルスポンサーを務める東京ディズニーリゾートの、パークチケット(ペア)+優先観覧エリアショー鑑賞券(ペア)が当たるキャンペーンも実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.