ニュース
» 2013年07月01日 12時18分 UPDATE

BlackBerry、第1四半期のスマートフォン出荷台数は680万台

スマートフォン市場で苦戦するBlackBerryの3〜5月期のスマートフォン出荷台数は680万台で、タブレットはわずか10万台だった。

[ITmedia]

 カナダBlackBerryは6月28日(現地時間)、第1四半期(3〜5月)の決算を発表した。同四半期に出荷したスマートフォンは680万台で、タブレットのBlackBerry PlayBookはわずか10万台だった。

 売上高は前年同期比9%増の31億ドル、純損失は8400万ドル(1株当たり16セント)で、前年同期の5億1800万ドル(1株当たり99セント)から縮小した。前期は黒字だったが、再度赤字となった。

 業績発表後の記者発表の質疑応答で、同社のソーステン・ハインズCEOは、同四半期に出荷した端末のうち、新OS「BlackBerry 10」を搭載した端末は270万台だったことを明らかにした。同社は現在、旧OS「BlackBerry 7」搭載端末とBlackBerry 10搭載端末を並行して販売している。ハインズ氏は、年内に新たなBlackBerry 7端末を発売することも発表した。また、PlayBookで予定していたBlackBerry 10へのアップデートは実施しないという。

 bb BlackBerryの現在のラインアップ。左のZ10とQ10がBlackBerry 10搭載端末

 同社は7月に、「BlackBerry 10.1」搭載の新スマートフォン「Q5」を発売する計画だ。

関連キーワード

BlackBerry | PlayBook | 赤字


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう