ニュース
» 2013年07月17日 18時30分 UPDATE

キャンペーンで月3880円に:ソフトバンク、「Pocket WiFi 203Z」の事前予約を7月19日に開始 専用プランも発表

ソフトバンクは、AXGPとイー・モバイルのLTEに対応するZTE製モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 203Z」の事前予約を7月19日に開始する。専用料金の「4Gデータし放題フラット+」も発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、ZTE製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 203Z」の事前予約を7月19日に開始する。発売は8月上旬以降の予定。

photo 「Pocket WiFi 203Z」

 203Zは、ソフトバンクが提供する2.5GHz帯のSoftBank 4G(AXGP)と1.5GHz帯のULTRA SPEED(W-CDMA)のほかに、イー・アクセスが1.7GHz帯で提供しているLTEやW-CDMAにも接続可能なマルチネットワーク対応モデル。最大通信速度はAXGP利用時で下り110Mbps/上り10Mbps、LTE利用時で下り75Mbps/上り25Mbps。ULTRA SPEED(W-CDMA)は下り42Mbps/上り5.7Mbps、イー・アクセスのW-CDMA(ソフトバンクのULTRA SPEEDサブエリアに相当)では8月中旬から下り21Mbps/上り5.7Mbpsになる。また自動回線切り替え機能によってソフトバンクWi-Fiスポットとも接続できる。

 対応する無線LAN規格はIEEE 802.11 b/g/nで、2.4GHz帯と5GHz帯をサポート。同時に接続できるWi-Fi機器は最大14台となっている。また約5000mAhの大容量バッテリー搭載で、最大通信時間が連続14時間/最大待受時間が連続約900時間という長時間駆動を可能とした。さらに、モバイルバッテリーとしてスマートフォンなどに充電できる機能もある。

 ディスプレイには1.4インチのカラー液晶を採用して視認性をアップさせたほか、タッチキーを備えて操作性も向上した。

専用プラン「4Gデータし放題フラット+」はキャンペーンで月々3880円

 ソフトバンクモバイルは「Pocket WiFi 203Z」の発売に合わせ、専用の料金プラン「4Gデータし放題フラット+」の提供を開始する。月額料金は5985円だが別途4Gデータ通信基本料525円が必要なため、月々の利用料金は6510円になる。契約期間は2年間の自動更新で、契約満了の翌月以外の解約などでは契約解除料として9975円がかかる。

 4Gデータし放題フラット+では専用のSIMカード「データ通信microUSIMカード(Dual)」を用い、SoftBank 4Gエリア(一部をイー・アクセスのLTEで補完)とULTRA SPEEDエリア、サブ回線のULTRA SPEEDサブエリア(イー・アクセスが提供)を利用する。1カ月に利用できるデータ量は7Gバイトで、超過する場合は通信速度が128kbpsに制限される。なお2014年1月まではULTRA SPEEDサブエリアの利用は毎月のデータ量にカウントされない(2014年1月以降にカウントする)。

 なおソフトバンクでは、対象機種(203Z)を新スーパーボーナスの分割もしくは一括払いで購入するユーザーに対し、4Gデータし放題フラット+を月3880円、4Gデータ通信基本料を無料で利用できるキャンペーンを実施する。

 さらに、契約変更(機種変更)するユーザー向けの優遇キャンペーンも実施する。契約変更手数料3150円が無料になるほか、契約変更時まで使っていた機種の分割支払金と同等の金額を毎月の4Gデータし放題フラット+の利用料金から割引く。

 対象となるのは、「データし放題フラット for ULTRA SPEED」「データし放題 for ULTRA SPEED」「データフラットプラン for ULTRA SPEED」「データフラットプランS」のいずれかに加入しているユーザー。

 なお、旧端末を一括払い(新スーパーボーナス用販売価格)で購入していた場合は、購入時点で24回払いの販売価格で購入したものと想定して割引額を算出します。分割支払金を支払い終わっている場合や算出した割引額が7000円未満の場合、割引額は一律7000円になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.