ニュース
» 2013年09月02日 16時21分 UPDATE

ウィルコム、「だれとでも定額パス」ほか5機種でソフト更新を開始

ウィルコムは9月2日、TJC製「だれとでも定額パス」とエイビット製PHS1機種、日本無線製PHS4機種でソフトウェア更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 ウィルコムは9月2日、TJC製「だれとでも定額パス WX01TJ」、エイビット製PHS「ストラップフォン2 WX06A」、日本無線製PHS「WX01J-W」「WX01J-F」「WX01JR」「WX01JRF」のソフトウェアバージョンアップを開始した。

 バージョンアップの内容は以下のとおり。

「だれとでも定額パス WX01TJ」

photo 「だれとでも定額パス WX01TJ」

 今回のアップデートにより、動作の安定性が向上する。バージョンアップは、端末本体とスマートフォンをBluetooth接続し、スマートフォンのだれとでも定額パスアプリの「設定」→「ソフトウェア更新」から行う。

「ストラップフォン2 WX06A」

photo 「ストラップフォン2 WX06A」

 今回のアップデートにより、動作の安定性が向上する。バージョンアップは、待受画面から「メニュー」→「設定」→「ソフトウェア更新」から行う。購入時点で「Ver.01.01」になっている端末はバージョンアップの必要はない。

「WX01J-W」「WX01J-F」「WX01JR」「WX01JRF」

 今回のアップデートにより、位置情報通知機能のメニュー画面の利便性が向上するほか、動作の安定性が向上する。バージョンアップはPC経由で行う。PCの対応OSはWindows PC(XP/Vista/7)かMac(OS 10.4.11〜10.7.5)。詳細は外部リンクを参照。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.