レビュー
» 2013年09月25日 00時00分 UPDATE

無料で遊べるスマホゲーム:今が旬! ベストなタイミングでりんごを収穫――「りんご狩り職人」

AppleのiPhone 5s/5cが世間で話題となっているが、そんな“Apple”を収穫するゲームアプリ「りんご狩り職人」を紹介しよう。収穫時期を見定める反射神経が問われる。

[村上万純,ITmedia]
photo 「りんご狩り職人」
photo

 ドコモ参入も話題となった、Apple製のiPhone 5s/5cが発売された。そんな、今が旬の“Apple”を収穫するAndroid向けゲームアプリが「りんご狩り職人」だ。収穫のタイミングを見極める反射神経が問われるゲームで、シンプルな操作性ながら集中力が求められる。

 初期状態で20秒ある制限時間の中で、時間とともに育っていくリンゴをタップして木から収穫していこう。美味しそうな赤い状態で収穫すると1ポイントゲットで、花や青いりんご、熟れすぎてしまったリンゴを収穫してもポイントは入らない。ときどき出現するハートの宝石をタップすると、残り時間が5秒追加。全てを逃さず取ると、プレイ時間をかなり伸ばすことができる。リンゴは次々と現れるので、集中力と反射神経が必要だ。

photophotophotophoto 制限時間20秒の通常モードは「スタート」を、時間無制限のモードは「エンドレス」をタップする(写真=左端)。リンゴが赤くなったタイミングでタップすると、得点になる(写真=左中)。花、青いリンゴ、熟れすぎた状態のときにタップしても得点にならない(写真=右中)。エンドレスモードでは、9級からスタートして段位を上げていく(写真=右端)

 また、一定の条件を満たすと「メダル」が獲得でき、コレクションする楽しみもある。時間無制限の「エンドレスモード」では、一定量のりんごを収穫するごとに「段位」が上がっていく。短い時間でサクッと遊ぶも良し、時間を気にせず無心でやり込んでいくのも良し、用途に合わせて遊び分けてみよう。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.