ニュース
» 2013年10月07日 11時26分 UPDATE

ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」でソフトウェアアップデート

ドコモは、シャープ製「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」のソフトウェア更新を開始した。「Sweep ON」の不具合を改善するほか、映像コンテンツのMHL出力機能を追加する。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは10月7日、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」のソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」

 今回のアップデートで、「Sweep ON」を設定して通話をした際、バイブレーションが作動し、通話が終了する不具合が改善される。そのほか、「dビデオ」「dアニメストア」のMHL出力機能が追加される。

 新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、初期状態では2時〜5時に書き換えられる。「メニュー」→「本体設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動更新も可能だ。更新所用時間は約6分で、更新後のビルド番号は「01.00.07」になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.