ニュース
» 2013年10月30日 14時57分 UPDATE

KDDI、岡山市の路線バスとスマホ連携のO2Oサービストライアルを実施

KDDIと両備ホールディングスは、岡山市内の路線バスで位置システムとスマホを連動させたO2Oサービスのトライアルを実施する。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIと両備ホールディングスは、岡山県岡山市で、バスロケーションシステムおよびデジタルサイネージとスマートフォンを連動させた地域密着型O2Oサービスのトライアルを実施する。期間は11月15日〜2014年5月31日まで。これらを連動させた試みは国内初だという。

photo 利用イメージ

 トライアルでは、KDDIが開発したデジタルサイネージシステムおよびスマートフォンアプリと、リオスが開発した専用のバスロケーションシステムを連携。地域の参加店舗はバス車内に設置されたデジタルサイネージに情報を配信でき、ユーザーはバス沿線のお得な情報をリアルタイムに受信できる。

photo 各社の役割

 ユーザーは、両備ホールディングスが運行するバス車内に搭載されたデジタルサイネージと連動するスマホアプリ「まゆせチャンネル」をダウンロードし、会員登録をする必要がある。推奨機器は、iOS 6以降/Android 4.0以降搭載の端末。KDDI広報によると、アプリは11月中旬から「App Store」「Google Play」でそれぞれ配信予定だという。

 同アプリを使うと、バスの運行情報やバス沿線店舗のタイムセールなどのお得情報、割り引きクーポンなどをリアルタイムで受け取れる。クーポンは、登録店舗に来店した際にスタッフに提示して使用する。

photo 「まゆせチャンネル」画面イメージ
photo バス車内のデジタルサイネージイメージ

 KDDIは、このトライアルと通して公共交通機関を核とする新たな街づくりを実現するO2O地域活性化モデルの事業化を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.