ニュース
» 2013年10月31日 22時59分 UPDATE

iPad Retinaは2万7000円:ソフトバンク、第4世代iPadを「スマホ下取り割」の対象に追加

ソフトバンクは11月から、「スマホ下取り割」の対象機器に第4世代iPadを追加する。「iPad Air」「iPad mini Retina」の購入と同時にiPadの従来機種を下取り、毎月の割り引きとして還元する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、11月1日から「スマホ下取り割」の対象機器に「iPad Retinaディスプレイモデル」「iPad mini」を追加する。また従来の買い取り価格も見直す。

 iPadの下取りは、同社の「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」「iPad Retinaディスプレイモデル」「iPad mini」を購入する際に利用できるサービス。iPad RetinaのWi-Fi+Cellular 128Gバイトモデルの場合、最大2万7000円で買い取る。ただし代金は毎月の料金から1000円ずつ割り引く形で還元されるため、2万7000円であれば毎月1000円の割り引きが27カ月間続く。期間中に解約した場合は割り引きは無効になる。なお、スマホファミリー割とは併用できない。

photo 11月からの下取り対象機器と下取り金額

 下取りの条件は、破損がなく正常に動作すること。電源が入らない、ディスプレイが正常に表示しない、複数のひび割れがある場合は下取りしない。

photo 10月31日までの下取り対象機器と下取り金額

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう