ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「下取り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「下取り」に関する情報が集まったページです。

中古スマホの所有率は11.6%で2020年から約2倍増、新品は6.5ポイント減
MMD研究所が「2022年中古スマホに関する調査」の結果を発表。中古スマホの所有率は11.6%と2020年より約2倍増となった一方、新品は6.5ポイント減となった。(2022/5/25)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
営業利益11倍に マツダ地獄からの脱出、最終章
2010年以来マツダが取り組んできたことをひも解いてみる。それは一度マツダ車に乗るとマツダ車から抜け出せない、俗に「マツダ地獄」と揶揄(やゆ)されてきた状況からの脱出だ。(2022/5/23)

日産SAKURAは軽自動車のゲームチェンジャーになり得るか?
日産自動車が、以前から予告していた軽BEVの「SAKURA」を発表した。5月20日の会見で、日産の星野朝子副社長は「軽の常識を変えるゲームチェンジャー」とSAKURAを評した。(2022/5/20)

Apple新製品発表をさらに楽しむ方法 「緑のまとめスライド」の見方と真の目的
Appleのイベントで毎回紹介される「緑のまとめスライド」。この表には独特な見方があり、それを知ると同社の発表会を違った角度で楽しめるようになるという。林信行氏が分かりやすく解説する。(2022/5/19)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【5月最新版】 最新スマホもお得に入手
職場や学校で新年度を迎えてバタバタした月も終わり、身の回りの整備を始めることも多い5月。今月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/5/15)

5月31日まで「Apple Trade In」が下取り増額 iPhone 12 Pro Maxなら最大8万円
Appleの「Apple Trade In」が対象端末の下取り額を増額。iPhone、iPad、Mac、Apple Watchが対象で、iPhone 12 Pro Maxなら最大8万円で下取りする。(2022/5/11)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【4月30日最新版】 特価スマホや高額還元を見逃すな
ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileとauのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/4/30)

4月29日オープン:
東京・秋葉原に「ソフマップ」 買い取りサービスのリアル店舗も展開
ビックカメラグループのソフマップは、JR秋葉原駅電気街口前に「ソフマップAKIBA駅前館」(東京都千代田区)を4月29日にオープンする。(2022/4/20)

下取り価格にも格差
下取りに有利なスマホ、トップ5をあの機種が独占
下取り&アップグレードを利用して5Gスマートフォンに移行する動きが活発化している。今、どのような機種が下取りに出されているのか。下取りに出すまでの使用年数や下取り価格にも興味深い傾向が現れている。(2022/4/18)

「Fjord Trends 2022」を読む:
パンデミック後の生活者 マーケターなら押さえておくべき5つのトレンドとは?
2022年に押さえるべき世界の最新デザイントレンドをまとめたレポート「Fjord Trends 2022〜新たな日々を織り成すもの〜」から、ビジネスの在り方を再設計するためのヒントを学ぶ。(2022/4/14)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのキャンペーンまとめ【4月】 スマホをお得に手に入れよう
新年度になり、新しくスマホを持つ家族が増えたり、機種変更を行う人は多いだろう。キャリア変更を行うこともある。では、4月はどのキャリアでお得に端末を買えたり、サービスを受けられるだろうか。ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのMNO4社が行っているキャンペーンを調べた。(2022/4/14)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
トヨタ自動車は2022年4月12日、EV(電気自動車)の「bZ4X」を5月12日に日本で発売すると発表した。個人にはサブスクリプションサービス「KINTO」で、法人にはリースで提供する。5月12日からは第1期として3000台の申し込みを受け付ける。第2期の申し込みは2022年秋を予定している。2022年度としては5000台の生産と販売を計画する。(2022/4/13)

「Apple Trade In」の対象年齢、18歳からに
Appleは、新しい製品の購入価格から下取り額分を割引きする「Apple Trade In」の対象年齢を18歳からに引き下げた。(2022/4/4)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはこうやって買う(後編) 保険、ローン、最初の充電
前編は新車登録に必要な書類を揃えるところまでだったが、後編では納車とその後まで解説。(2022/3/15)

どこで買うと一番安い? 「iPhone SE(第3世代)」の価格まとめ
3月11日22時から「iPhone SE(第3世代)」の予約販売が始まる。そこで、Appleと大手キャリアにおける端末販売価格を簡単にまとめた。参考になれば幸いだ。(2022/3/11)

ソフトバンクの認定中古iPhone、3月16日からU30スマホおトク割/U30 web割の対象に
ソフトバンクは、同社認定の中古スマホを販売する「SoftBank Certified」で「U30スマホおトク割」と「U30 web割」を適用。購入条件や購入価格は3月16日以降、サービスの購入ページで確認できる。(2022/3/11)

AppleのiPhone 13/13 Pro、36回分割払いが可能に 2年買い替えで残高不要
Paidyの「ペイディあと払いプランApple専用」で、iPhone 13/13 Proの36回分割払いが可能となるオファーを提供開始。分割手数料は0%で、24カ月目に新たなiPhoneに買い替えると残高の支払いが不要となる。(2022/2/22)

日本トレンドリサーチ調べ:
車の買い取り査定依頼は「1社」が最多 複数社への依頼で満足度はどう変わる?
日本トレンドリサーチが「車の売却」に関するアンケートを実施し、買取査定の満足度について調査した。(2022/2/8)

携帯市場、1月の中古Androidランキング発表 販売トップ10に「arrows」2機種がランクイン
携帯市場は、2022年1月の中古Androidスマホ販売/買い取りランキングを発表。販売ランキングには「arrows」が2機種、買い取りランキングでは「AQUOS」が4機種ランクインしている。(2022/2/7)

大手3社は「包囲網」:
楽天携帯、3カ月無料キャンペーン終了へ 活路は?
楽天モバイルが新規契約者向けの3カ月無料キャンペーンを8日に終了する。大手3社の包囲網を突破するには、グループ全体での豊富なサービスやポイント経済圏を駆使したお得感のある包括的なキャンペーンが鍵となりそうだ。(2022/2/6)

ベンチャー企業「アシスト」 リユース隠れ需要、ITで掘り起こし
国内最大級のリユース(中古)事業者間取引の場をつくると意気込むベンチャー企業が現れた。大型家電を市場価格に合わせて買い取るサービスを始めたアシストだ。(2022/2/4)

ソフトバンクが「認定中古iPhone」を販売 iPhone 8が2万1840円
ソフトバンクは、ソフトバンクオンラインショップ限定で「SoftBank Certified」を提供開始。下取りプログラムなどで回収したリユース端末を購入できるサービスで、価格はiPhone 8(64GB)が2万1840円(税込み)から。(2022/1/19)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(4月編):「ながら充電」が改めて注目/楽天モバイルが「iPhone」を販売開始
ITmedia Mobileのアクセスランキングをチェックしながら2021年のトピックを振り返る企画。4月の1位は、スマホ決済キャンペーンのまとめ記事でした。ソニーとシャープの新製品告知に関する記事もよく読まれました。(2021/12/21)

英国は「スマホで仕事」が盛ん
「スマホで仕事は無理だ」と思い込んでいないか? ここまで進んだビジネス利用
英国ではテレワークの普及を受け、PCではなく、スマートフォンを使って仕事をする動きが広がっている。「5G」準拠のスマートフォンの充実は、この動きを加速させる可能性があるという。何が起きているのか。(2021/12/15)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
法人ならApple製品が最大35%オフに? 「AFS」の仕組みを詳しい人に聞いてみた
 Appleが法人向けに提供しているリースサービス「Apple Financial Service」。企業にとってお得に見える仕組みだが、実際のところどうなのか。Macお宝鑑定団のDANBOさんをゲストにいろいろと聞いた。(2021/12/13)

買い替え時のみが対象:
ビックカメラ、大型家電の下取りサービス開始
ビックカメラが、大型家電の無料下取りサービスを12月6日より開始した。(2021/12/13)

家電メーカー進化論:
EMSって胡散臭さい? 科学で脱却の「SIXPAD」に聞く、次の狙いとは?
EMS機器ブランド「SIXPAD」を手掛けるのは、東証マザーズに上場するMTG。EMSの世界的権威である京都大学 森谷敏夫名誉教授の支持を仰いでEMS市場に参入し、市場を代表するブランドへと成長。SIXPADブランドの今後の事業展望などを、ブランドマネージャーの熊崎嘉月氏に聞いた。(2021/12/10)

MacやiPadを安く導入できる新しいリース契約「Apple Financial Services」 最大35%割引の仕組みを聞いた
中小企業にとってメリットの大きなリース契約の仕組みを詳しく解説。(2021/12/8)

伸び悩み:
「車を買ったのを忘れてしまう」1年たっても届かない新車 納期大幅遅れの波紋
新型コロナによる半導体不足で、車社会の沖縄県内でも新車の納期が大幅に遅れている。スポーツタイプ多目的車(SUV)など人気の車種では、予約から「1年待ち」も起きていて……。(2021/11/30)

「iPhone 13 Pro」自腹レビュー:プロ用機器としては便利だが、スマホとしての完成度は「13」が上だ
9月に「iPhone 13」シリーズが発売されたが、「iPhone 13 Pro」かiPhone 13のどちらを購入すべきか迷っている人は多いのではないだろうか。そこで、iPhone 13 Proを買って試してみた。実際のところ「プロ向け」の要素が強く、普段使いにはiPhone 13でもよいだろう。(2021/11/19)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
携帯電話の「残価設定型ローン」が登場 ユーザーや販売現場の反応は?
KDDI(au)が先んじて導入した端末代金の「残価設定型ローン」をNTTドコモも導入しました。これに対するユーザーや販売スタッフの反応をヒアリングしてみました。(2021/11/12)

買い替えは「iPhone 13」より特価「SE」や「12 mini」? 秋冬の目的別iPhone購入術
9月に「iPhone 13」シリーズが発売されたが、指紋認証を搭載しなかったiPhone 13の128GBモデルでもApple Storeでは9万6800円と、少々割高に感じるのが現状だ。では、どうiPhoneを購入すればお得なのか? 旧モデルの購入も視野に入れながら考えた。(2021/11/13)

「スタタボ購入だ! 漢だな」ロンブー亮、昭和の「スタタボ」購入 「これ逃したらもう出会えない」と外車手放して決断
出会ってしまったらもう止まりませんでした。(2021/11/6)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaでの長距離ドライブ、820km走って電費1000円いかないカラクリ
Teslaに乗り始めた山崎潤一郎さんが初の長距離ドライブ。なぜここまで燃費ならぬ電費が安いのか。その仕組みを明かします。(2021/10/18)

CloseBox:
Apple Watch Series 7は自転車「サイコン」の代わりになる? 買って走って分かったこと
買って試さなければ分からないことはある。そのために60km走ってきた。(2021/10/16)

活性化するモバイルデバイスの二次流通【後編】
「中古スマホ」なぜ増える? 「5G」が原因との声も
米国でモバイルデバイスの二次流通市場が著しく成長している。成長をけん引するのは何なのか。下取りの現場で起こっている“ある変化”とは。(2021/10/8)

車買取会社の満足度調査 3位「カーセブン」、2位「アップル」、1位は?
調査対象は、過去5年以内に自身の車を中古車買取会社に売却した20〜84歳、6990人。(2021/10/6)

活性化するモバイルデバイスの二次流通【前編】
「中古スマホ」市場が活況 最も下取りに出されたiPhone、Androidスマホは?
パンデミックが続く中で、米国のモバイルデバイス二次流通市場が急成長している。下取りに出されているのは、どのような端末なのか。(2021/10/2)

石川温のスマホ業界新聞:
iPhone 13の価格を高いと感じる日本市場――新製品より型落ち、中古を選ばざるを得ない現実
iPhoneの価格がジワジワと上がっている。海外と比べると、日本は所得が伸び悩んでいるので、相対的に「高い買い物」になってしまっている。今後は、新モデルをトリガーとして型落ちモデルや中古品を販売するという海外と同じような売り方がメインになっていくのかもしれない。(2021/9/24)

「iPhone 13シリーズ」は販路で値段が違う? Apple直販+4キャリアの販売価格を比べてみよう
9月24日に発売する「iPhone 13シリーズ」の販売価格が一通り出そろいました。販路によって選べる買い方をチェックしつつ、その値段について比較してみましょう。(2021/9/19)

石野純也のMobile Eye:
リセールバリューの高いiPhoneがお得に “残価設定プログラム”で変わるスマホの買い方
9月24日に販売が始まるiPhone 13シリーズの予約開始に先立ち、大手キャリア各社が新たな販売方法を導入している。ドコモは約2年半前に導入した「スマホおかえしプログラム」を刷新して「いつでもカエドキプログラム」を導入。今まで以上に端末の“リセールバリュー”を意識した買い方が求められるようになってくる。(2021/9/18)

2020年度の中古スマホ販売台数は185万台に増加、SIMロック禁止も追い風に
MM総研が9月14日に、中古スマートフォンの国内市場についての調査結果を発表した。「2025年に中古スマホの取引市場は268万台に拡大する」と予測している一方で、アンケートでは約40%が直前に利用した端末を家に保管すると答え、下取りサービスの利用が約80%、中古ショップへの売却も7%程度にとどまった。(2021/9/14)

携帯市場とgoo Simseller、中古端末の下取り+購入で1万5000円引き
携帯市場は、goo Simsellerのキャンペーン「買い替え応援プログラム」と連携。中古端末の下取りで、指定の新規端末購入時に1万5000円オフとなるクーポンを取得できる。(2021/9/7)

UQ mobileがオンラインショップでiPhone XS/XS Max(au認定中古品)の販売を開始 2万7720円から
UQ mobileが、オンラインショップでau認定中古品の「iPhone XS」「iPhone XS Max」の販売を開始した。販売価格は新規契約やau/povoからのブランド変更を含むMNP契約の方が手頃だが、既存ユーザーの機種変更にも対応している。(2021/8/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクア ヤリスじゃダメなのか?
7月19日、トヨタ自動車は新型アクアを発売した。先代(初代)のアクアを振り返ってみれば、これはなかなかに酷(ひど)いものだった。そして、今回のアクアにはもうひとつ大きなトピックがある。それがバイポーラ型バッテリーの採用だ。(2021/8/23)

栃木県初のApple専門店がオープン 宇都宮市「C smart FKDインターパーク店」
栃木の人々はApple製品を買うために他県に行く必要がなくなった。(2021/8/19)

スマホアクセサリー購入ガイド:
ハードに使っても大丈夫? 耐衝撃性ケースの選び方とオススメ製品
スマートフォンを使う上で欠かせないのが、万が一落下したときのための対策だ。「耐衝撃」をうたうケースは数あるものの、実用に耐える製品の基準は「MIL規格」に準拠しているかどうかだと考える。複数のメーカーから5つのブランドを厳選して紹介しよう。(2021/7/18)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハイブリッドやEVのバッテリーはいつまでもつ? 寿命を決める温度管理
EVで気になるのは、やはりバッテリーの耐久性だ。寿命はバッテリーの特性によっても異なるが、実際の車両では温度管理などのマネジメントによるところが非常に大きい。(2021/7/5)

石川温のスマホ業界新聞:
公正取引委員会が「競争政策上の課題」を発表――MNOへの「信頼・満足・愛着」があり、乗り換えに興味なし
公正取引委員会が、携帯電話市場における競争政策上の課題に関する調査レポートの2021年度分を公表した。この調査は2018年度に行った調査のフォローアップを目的として行われたものだが、無理やりキャリアの乗り換えを促すような方向性は、果たして「自由な競争」に資するのだろうか。(2021/6/18)

耐衝撃性能がアップ Spigenの「AQUOS sense 4/5G」向けケースを試す
Spigenが2020年11月に発売した「AQUOS Sense 4/5G」向け耐衝撃ケース「クリスタル・シェル」と「リキッド・エアー」。大画面と大きなカメラを備えるスマホの破損を防ぐためにケースは必須だが、両製品ともに工夫を凝らして衝撃への耐性を高めている。(2021/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。