ニュース
» 2013年12月19日 14時49分 UPDATE

ソフトバンクユーザーじゃなくてももらえます:ソフトバンク、来店者に「つなカール」をプレゼントするキャンペーン

ソフトバンクモバイルは、白戸家のお父さんがデザインされたオリジナルパッケージのスナック菓子「つなカール」を、来店客にプレゼントするキャンペーンを12月20日より開始する。ショップで、携帯電話やPHSを提示するともらえる。

[房野麻子,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、白戸家のお父さんがデザインされたオリジナルパッケージのスナック菓子「つなカール」を、来店客にプレゼントするキャンペーンを2013年12月20日に開始する。ソフトバンク携帯電話取扱店で、携帯電話(ソフバンク以外も可)、PHSを提示するともらえる。

photo パッケージにお父さんのイラストがプリントされた「つなカール」。“サクサクつながる”ことを表現したもので、ツナ味ではない

 つなカールは、今年発売45周年を迎えるスナック菓子「カール」を販売する明治とのコラボレーションによって実現されたもの。ソフトバンクの電波が“サクサクつながる”ことを伝えるために配布される。

 また、つなカールのパッケージ裏面のQRコードを読み取ってキャンペーンサイトにアクセスすると、カールの詰め合わせが入った「カール大好きお父さんトート」のプレゼントに応募できる。抽選で1000人に当たり、応募締め切りは2014年1月31日午後5時まで。

 12月24日からは「つなカールLINEスタンプカード」の配布も開始。カードのQRコードからキャンペーンサイトにアクセスし、カードに記載されているシリアルナンバーを入力すると、つなカールにちなんだ白戸家のお父さんの限定LINEスタンプがもらえる。

photo 「つなカール」LINEスタンプは全8種類

 つなカールやカードの配布は在庫がなくなり次第終了。限定スタンプは2014年1月31日までダウンロードできる。

都内でキャンペーン開始記念イベントも

photo ソフトバンクモバイル マーケティング・コミュニケーション本部長の栗坂達郎氏

 都内のソフトバンクモバイル本社では、キャンペーンの開始イベントが開催された。ソフトバンクモバイル 執行役員 マーケティング・コミュニケーション本部長の栗坂達郎氏が登壇し、「プラチナバンドを得てエリアが急拡大し、ユーザー満足度も上がっている。ソフトバンクはつながることを、より広く伝えたい」とあいさつ。また、明治のマーケティング推進本部 宣伝部長の村上欣也氏は、白戸家のお父さんを“元祖ゆるキャラ”のカールおじさんに変えてパッケージにした背景を紹介した。

 イベントには白戸家のお父さん、お兄さんことダンテ・カーヴァーさん、カールおじさんに加え、タレントのキンタロー。さんがカールおじさんに一番似ている芸能人として登場。イベントを盛り上げていた。

photo 左から白戸家のお父さん、お兄さんのダンテ・カーヴァーさん、キンタロー。さん、カールおじさん。全員カールおじさんスタイルで登場

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.