コラム
» 2014年01月31日 17時41分 UPDATE

週末は物欲解放:ここから選ぶ! やっぱり気になるiPhone 5s対応ケース (1/2)

iPhone 5sを選ぶ理由は見た目じゃなくて、というユーザーは意外と多い。そういう場合、何の迷いもなくケースをつける。というわけで新作ケースをまとめてみた。

[長浜和也,ITmedia]

今回は年末年始の新作モデルを集めました

 iPhone 5s対応ケースについては、すでに、2013年12月の初めにそれまで掲載してきた製品をまとめて紹介しているが、その後も新作の発表は続いている。「iPhone 5sを使いたいけれど、ほかの人とは違うiPhone 5sがほしい」という、ある意味アップルに挑戦的なユーザーの要求に応えるべく、きょうも周辺機器ベンダーは、iPhone 5s対応のケースを開発している(iPhone 5sだけじゃなくて、iPhone 5ユーザーにも購入してもらえるから、という理由もあると思うが)。

 そこで、ここでは、前回のiPhone 5s対応ケース記事以降、2013年12月から2014年1月に登場してITmedia Mobileで紹介してきた新作をまとめて紹介しよう。前回掲載のケースと合わせて、自分の嗜好、または、利用目的にあったケースを選ぶ参考にしていただきたい。

マンフロット「KLYP+」

 カメラ用三脚アクセサリで有名なマンフロットが投入したiPhone 5s用バンパー「KLYP+」は、LEDライトや三脚などを装着可能なiPhone用ケース「KLYP」の後継モデルだ。出荷開始は2月14日からで、実売価格は4600円(税別)。

 側面に各種アクセサリを装着できるレールを用意して、別売オプションのLEDライトを固定できるほか、アタッチメントを介して三脚を装着することも可能。素材はポリカーボネートで、iPhoneに角度をつけて固定できる「キックスタンド」のほか、ストラップも付属する。オプションとして、KLYP+を介して装着する交換式レンズアダプタも用意する。

 LEDライトおよびレンズセットは、単体およびKYLP+とのセットでも販売する。LEDライトが9600円(税別)、レンズセットが1万円(同)。KLYP+とLEDライト、およびKLYP+とレンズのセットはいずれも1万3400円(同)。KLYP+にLEDライト、レンズをすべて組み合わせたセットが2万2000円(同)。

kn_byri5cs_01.jpg KLYP+

JTT「iPhoneShutterAB GRIP 2」

 日本トラストテクノロジー(JTT)の「iPhoneShutterAB GRIP 2」は、デジタルカメラのように端末を握れる大きなグリップとシャッターボタンを搭載しており、本体下部に取りつけると、iPhone 5sをデジタルカメラのように扱うことができる。iOS標準の「カメラ」アプリで利用可能だ。

kn_byri5cs_02.jpg iPhoneShutterAB GRIP 2をiPhone 5sに装着

モルファ「薄金 for iPhone5/5s-ZAnPonコラボレーションモデル “LiLo in veve”」

 モルファの「薄金 for iPhone5/5s-ZAnPonコラボレーションモデル “LiLo in veve”」は、グラフィックアーティストのZAnPonとコラボレートしたモデルだ。ジュラルミン製の背面に金属レリーフを施している。価格は1万5750円。

kn_byri5cs_03.jpg 薄金 for iPhone5/5s-ZAnPonコラボレーションモデル “LiLo in veve”

サンワサプライ「200-PDA138シリーズ」

 サンワサプライの「iPhone5s ICカードハードケース(Suica・Edy・電磁波防止シート付・2重構造・iPhone5対応) 200-PDA138シリーズ」は、ポリウレタンとポリカーボネートの2重構造を採用。背面カバーケースの内側にICカードを1枚収納できる。読み取りエラーを防止する電波干渉防止シートも付属する。価格は2980円。

kn_byri5cs_04.jpg iPhone5s ICカードハードケース 200-PDA138シリーズ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.