ニュース
» 2014年02月28日 10時25分 UPDATE

Mobile World Congress 2014:NVIDIAブースで“ようやく”登場したTegra 4iスマートフォンをチェックする

Tegra 3があまりにも“強烈”だったためか、スマートフォンへのTegra 4i採用は進まない。しかし、MWC 2014で見たTegra 4iモデルはすこぶる真っ当だった。

[長浜和也,ITmedia]

これならぼくでも使えるね

kn_nvidia_01.jpg Tegra 4iの発表から1年が過ぎて登場したスマートフォン「Wiko WAX」

 モバイル関連業界の世界最大イベント「Mobile World Congress 2014」には、NVIDIAもブースを設けている。強烈なグラフィクスパワーでガンガン発熱させながらゴンゴン3Dゲームやベンチマークテストを動かしまくる一方で、Tegraシリーズのおかげで、モバイルデバイスに搭載するプロセッサーベンダーとしても有力な存在となってきた。

 Tegraシリーズを搭載するタブレットが多くなっているが、富士通の「ARROWS X F-02E」がTegra 3を搭載していたのは、いろいろな意味でユーザーの記憶に残っている。どうも、その印象が強烈であったためか、その後継として登場したTegra 4は、モデムを統合した「Tegra 4i」まで用意したものの、スマートフォンで採用したという話を聞いたユーザーは少なくとも日本でほとんどいない。

 その少ないTegra 4iを搭載するスマートフォンとしてフランスの移動体通信事業者のWiko MobileがTegra 4i搭載モデル「Wiko WAX」を2月24日(現地時間)に発表しているが、そのサンプル機材をNVIDIAブースで展示していた。

 ディスプレイサイズは4.7インチで解像度は720×1280ピクセル。有効800万画素のメインカメラを背面に搭載する。Tegra 4iはNVIDIAのLTE対応モデムコア「i500」を統合しているので、Wikoが利用できる通信方式もLTE(それに加えてHSPA+)が利用できる。

kn_nvidia_02.jpgkn_nvidia_03.jpgkn_nvidia_04.jpg ディスプレイサイズは4.7インチで解像度は720×1280ピクセル。低価格帯を想定しているためスペックも控えめになっている。背面には有効800万画素のメインカメラを備える。背面パネルの質感はラバーに近く滑りにくいので、スマートフォン本体をホールドしやすい

 これ以上の仕様について、展示していたNVIDIAは明らかにしていない。出荷開始は4月の予定で、フランス、スペイン、ポルトガル、ドイツ、イタリア、イギリス、ベルギーに投入する。

kn_nvidia_11.jpgkn_nvidia_12.jpgkn_nvidia_13.jpg 展示機材で確認したところ、OSはAndroid 4.3、ストレージ容量は2Gバイト。Miracastにも対応する

 展示機材を手にすると、本体はとても薄く、アイドル状態ながら背面はまったく熱くない。NVIDIAが明らかにした仕様には記載していないが、ディスプレイ上方にはインカメラとセンサー類を実装している。ディスプレイ下にあるセンサーボタンの配列は、左から「メニュー」に「ホーム」、そして「戻る」だ。

kn_nvidia_05.jpgkn_nvidia_06.jpg 長辺側面には片側だけに電源ボタンと音量調整ボタンを備える。電源ボタンは側面中央に配置する

kn_nvidia_07.jpgkn_nvidia_08.jpg 短辺側面も片側だけにMicro USBとイヤフォンジャックを用意している

 「この時期に登場するスマートフォンなら、Tegra 4iよりTegra K1を搭載したいですよね」という質問に、NVIDIAの説明スタッフは、「Tegra 4iを搭載して幸せになっているメーカーやユーザーはたくさんいる。Tegra K1を搭載するには、まだまだ時間がかかる」と反論している。

kn_nvidia_09.jpgkn_nvidia_10.jpg 展示機材に導入していたアプリ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.