ニュース
» 2014年03月06日 11時14分 UPDATE

iOS版Gmailアプリ、新着メール表示の待ち時間解消──iOS 7のバックグラウンド更新対応で

iOS版Gmailアプリがバージョン3.0になり、iOS 7では新着メールを開く際の待ち時間がなくなった。

[ITmedia]

 米Googleは3月5日(現地時間)、米AppleのiOS端末向けGmailアプリをバージョン3.0にアップデートしたと発表した。このアップデートで、従来新着メールの表示に時間がかかっていたのが解消された。

 これは、iOS 7の機能「バックグラウンド更新」に対応したことで可能になった。他のアプリを使用していても、新着メールをバックグラウンドで受信できる。

 この機能を使うには、少なくとも1種類の通知(バッジ、アラート、バナー)を有効にしておく必要がある。[設定]→[通知センター]で設定できる。

 Gmailをアップデートすると自動的にバックグラウンド更新が有効になる。バッテリーの消耗などが気になる場合は、[設定]→[一般]→[Appのバックグラウンド更新]の一覧で無効にできる。

 また、Gmailアプリでログインすると、Googleの他のサービスを使う際に再度ログインする必要がなくなった。ただし、場合によってはGmailのアップデート後に最ログインが必要になることもあるという。

 gmail バックグランド更新の設定画面(左)とGmailのアップデート後に表示される説明画面(右)

関連キーワード

iOS | Gmail | iOS 7 | Google


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう