ニュース
» 2014年06月24日 19時54分 UPDATE

60.2%がウェアラブル端末を「知らない」――MMD研究所調査

MMD研究所が、ウェアラブル端末に関する調査結果を発表。60.2%がウェアラブル端末を「知らない」と回答した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は2014年6月24日、ウェアラブル端末に関する調査結果を発表した。対象は18歳以上の男女で、有効回答は2017人。調査期間は6月10日〜6月14日まで。

 調査結果によると、ウェアラブル端末を「知らない」という回答は60.2%にも上った。ウェアラブル端末がどういうものかを説明した上で、使ってみたいと思うかどうかを聞いたところ、「利用したいと思う」という回答はわずか1割にとどまり、「利用したいと思わない」という回答がおよそ3割にもなった。

 ウェアラブル端末を知っている人に対すして、どういう製品を知っているかを聞いたところ「Google Glass」が66.6%でトップ。ウェアラブル端末に求める機能を聞いたところ、メガネ型は「道案内(36.6%)」、腕時計型は「健康管理(32.1%)」がトップとなった。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、

ウェアラブル端末を「利用したいと思う」が1割にとどまる

18歳以上の男女(N=2,017)を対象に、ウェアラブル端末の認知について聞いたところ、「知らない(60.2%)」と回答した人の割合が過半数を超えた。

また、「名前は聞いたことがあるが意味は分からない」、「知らない」と回答したユーザーも含めてウェアラブル端末の説明を行った上で利用意向を聞いたところ、「利用したいと思う」との回答が1割にとどまり、「利用したいと思わない」と回答した人が3割となった。

Photo
Photo

▼認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass(66.6%)」

ウェアラブル端末を知っていると答えた人(N=803)を対象に、「知っている(聞いたことがある)ウェアラブル端末」について聞いたところ、「Google Glass(66.6%)」の認知度が一番高く、次に「GALAXY Gear(25.0%)」と続いた。

Photo

▼ウェアラブル端末に求める機能

▼メガネ型が「道案内(36.6%)」、腕時計型が「健康管理(32.1%)」

18歳以上の男女(N=2,017)を対象に、ウェアラブル端末に求める機能について聞いたところ、メガネ型が「道案内(36.6%)」「周辺情報通知/視界情報補足(24.8%)」「写真・動画撮影(23.6%)」、腕時計型が「健康管理(32.1%)」「道案内(22.7%)」、「通話(19.4%)」と続き、それぞれ違う機能を求められていることが分かった。

Photo
Photo

また、ウェアラブル端末を購入する際に重視する点を聞いたところ「金額(46.9%)」と答えた人が最も多く、「性能(41.1%)」「デザイン(34.7%)」の順に続いた。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.