ニュース
» 2014年08月13日 18時19分 UPDATE

ソフトバンク、移動基地局車やWi-Fiスポットで夏コミエリア対策――今年は「気球Wi-Fi」も登場

ソフトバンクモバイルが「コミックマーケット86」のエリア対策として、会場内外で移動基地局車の配備とソフトバンクWi-Fiスポットの増強を実施。「Wi-Fi忍者」に加えて今年は「気球Wi-Fi」も登場。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは2014年8月13日、「コミックマーケット86」(8月15日〜17日、東京ビッグサイト)に合わせた電波対策の内容を明らかにした。まず、4G LTEに対応した移動基地局車を配備し、ソフトバンクWi-Fiスポットを増強する。

Photo 移動基地局車の配備場所とWi-Fi通信可能エリアを示すイメージ図

 移動基地局車は、東京ビッグサイト周辺と東京ビッグサイト東側駐車場の一部に配備。ソフトバンクWi-Fiスポット増設は臨時アクセスポイントを設置で対応する。設置場所は、りんかい線 国際展示場駅周辺から正門にかけての遊歩道など東京ビッグサイト周辺、東京ビッグサイト内の東展示棟通路、西展示棟1Fアトリウム、屋上展示場、東側駐車場の一部など。

Photo Wi-Fiアクセスポイントを装備した「Wi-Fi忍者」

 そのほか、地上約20メートルの気球からWi-Fiを提供する「気球Wi-Fi」を東京ビッグサイト東側駐車場付近に配備。さらに会場のあちこちに、ポール型とリュック型のWi-Fiアクセスポイントを装備した「Wi-Fi忍者」が出没する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.