ニュース
» 2014年10月24日 16時36分 UPDATE

円形の有機ELを採用した「LG G Watch R」、11月初旬から海外で順次発売

1.3型の円形有機ELディスプレイを搭載した「LG G Watch R」が、11月初旬から順次発売される。一部地域ではGoogle Playからも購入できる。

[田中聡,ITmedia]

 LGエレクトロニクスが、Android Wearを搭載したウェアラブル端末「LG G Watch R」を、11月初旬に世界で発売する。11月初旬からイギリス、フランス、スペインなどで販売を開始し、その後、北米やアジアでも発売する。また、一部の主要市場ではGoogle Playからも購入可能になるという。日本での発売は「検討中」(LGエレクトロニクス)とのことで、まだ決定していない。価格も未定。

photo 「LG G Watch R」

 LG G Watch Rは、世界初というフル円形のプラスチック有機ELを搭載したデバイス。ディスプレイサイズは1.3型で、解像度は320×320ピクセル。高級クラシック時計からインスピレーションを得て開発したというほどデザインにこだわった。フレームには耐久性のある素材を採用している。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 400」(1.2GHz)で、メインメモリは512Mバイト、ストレージは4Gバイト、バッテリー容量は410mAhだ。また、水深1メートルに30分間沈めても利用に影響が出ないIP67等級の防水・防じん性能を備える。ジャイロ/加速度センサーやコンパス、気圧センサー、心拍検出センサーを備える。

 カラーはブラックのみ。Android 4.3以上のスマートフォンに対応する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.