ニュース
» 2014年10月29日 10時50分 UPDATE

Google、Android/Android Wear向けフィットネスアプリ「Google Fit」とSDKを公開

Googleがフィットネスアプリ「Google Fit」をAndroidおよびAndroid Wear向けに公開した。単独で運動量を記録・確認できる他、Nike+ RunningやRunkeeperなどのデータを一元表示できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月28日(現地時間)、6月のGoogle I/Oで発表したヘルスケアプラットフォーム「Google Fit」のAndroid向けアプリを公開した。Android搭載のスマートフォンとタブレット、Android Wear搭載のウェアラブル端末で利用できる。

 fit 1

 Google Fitは、フィットネスアプリやウェアラブル端末を開発するためのオープンプラットフォーム。GoogleのGoogle Fitアプリは、携帯する端末でウォーキング、ランニング、自転車でのアクティビティを記録し、設定した目標の達成度を確認できる。このアプリでできることは(少なくとも初版では)あまりないが、サードパーティー製の端末やアプリのデータを統合してまとめて表示できる。

 fit 2 Android Wearで計測したデータをタブレットで確認できる

 また、Webサイトでも自分のフィットネスデータを確認できる。

 利用するには、Googleのアカウントでログインし、自分の性別、身長、体重を入力し(しないことも可能)、位置情報を有効にして、後は端末を携帯する。目標値を設定することも可能。

 fit 3 目標を設定しないと、平均値が達成目標として表示される

 Googleは同日、開発者向けにGoogle Fit SDKも公開した。開発者はGoogle Fit SDKの各種APIを使うことで、「Android Wear」をはじめとするウェアラブル端末のセンサーの情報や他のフィットネスアプリが収集する心拍数などの生体データ、ランニングルートの位置情報データなどを利用するアプリや端末を開発できる。

 Nike+ RunningやRunkeeperなどのサードパーティーがGoogle Fitのサポートを表明しており、近くこれらのアプリのデータをGoogle Fitアプリで表示できるようになる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.