ニュース
» 2015年02月02日 09時35分 UPDATE

調査リポート:Androidスマートフォンの2014年の出荷台数が10億台超え

調査会社Strategy Analyticsによると、2014年の世界におけるAndroidスマートフォンの出荷台数が前年比33.5%増の10億4270万台と、10億台の大台に乗った。市場シェアは8割を超えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleのAndroidを搭載するスマートフォンの2014年の世界における出荷台数が10億台を超えたと、米調査会社Strategy Analyticsが1月29日(現地時間)に発表した。

 米Gartnerは昨年、2014年中にタブレットを含むAndroid端末の出荷台数が10億台を超えると予測していたが、スマートフォンだけでこれが達成された。

 スマートフォン全体の出荷台数は、前年比29.6%増の12億8350万台だった。Androidは33.5%増の10億4270万台で、OS別シェアは2.3ポイント増の81.2%になった。

 Strategy Analyticsによると、中国やインドネシアなどの新興国市場での需要の高まりがこの成長に大きく貢献したという。主に中国で廉価なAndroid端末を販売している中国Xiaomiは昨年躍進し、中国市場ではシェアトップになった

OS別世界スマートフォン出荷ランキング(単位:百万台)
順位 OS 2013年出荷台数 2013年シェア(%) 2014年出荷台数 2014年シェア(%)
1 Android 780.8 78.9 1042.7 81.2
2 Apple iOS 153.4 15.5 192.7 15.0
3 Microsoft 35.8 3.6 38.8 3.0
その他 20.0 2.0 9.3 0.7
合計 990.0 100 1283.5 100
(資料:Strateby Analytics)

 米Appleは先月、iOS端末(タブレットを含む)の累計販売台数が、2014年11月に10億台を超えたと発表している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.