ニュース
» 2015年04月14日 11時42分 UPDATE

Apple Watchを腕に付けたまま充電できる「wiPowerBand」、89ドルから

バッテリーの持ちが心配な「Apple Watch」を腕に巻いたまま充電できるアクセサリー「wiPowerBand」が登場。38ミリ幅ベルト用が89ドル、42ミリ幅は99ドルで、バッテリー持続時間を2倍にできるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 「Apple Watch」の関心事(心配事)の1つである“バッテリーの持ち”を腕に巻いたまま2倍にできるという「wiPowerBand」の予約受付が4月13日(現地時間)にスタートした。価格は38ミリ幅が89ドル(約1万円)、42ミリ幅は99ドル。

 band 1
 band 2

 素材はポリプロピレンとシリコンゴムで、重さは20グラム。200mAhのリチウムポリマーバッテリーを搭載し、“Inductive tight couple(誘導密結合)”式でApple Watchを充電するという。wiPowerBand自体の充電はLightningケーブルでMacなどに接続して行う。色は青、オレンジ、ピンク、黒の4色だ。

 wiPowerBandを開発したトム・ジャヌーリ氏は米AppAdviceに対し、このバンドを装着してもApple Watchの背面のセンサーはすべて機能することを実機で確認済みだと語っている。

 wiPowerBandは販売ページで日本からも購入できる(別途税金と送料8ドルが掛かる)。出荷は5〜6月の予定となっている。

 band 3 色は青、オレンジ、ピンク、黒の4色

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.