コラム
» 2015年04月25日 02時00分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:量販店は在庫アリ 予約なしで「Apple Watch」を買ってきた【タイムラプス開封動画もあるよ】

品薄が伝えられる「Apple Watch」。都内量販店には一部モデルの在庫があり、予約なしで買えました。忙しい人向けにタイムラプスで撮った開封の儀もどうぞ。

[平賀洋一,ITmedia]

 4月10日の試着&予約スタートから2週間がたち、ついに4月24日の発売日を迎えた「Apple Watch」。予約開始直後に申し込んだ人たちの手元には、ぞくぞくと届き始めているようです。

 直営店舗のApple Storeや百貨店の伊勢丹新宿店にオープンして話題となったApple Watch at Isetan Shinjukuでは、予約分の手渡しを優先して当日の店頭販売はなかったとのこと。Apple Watchは(例によって)世界的に品薄と言われ、今予約しても出荷は5月から6月と案内されるようです。

 ただApple Watchを取り扱う一部量販店や、ソフトバンクモバイルの旗艦店2店などでは、在庫モデルを発売日当日に予約なしで販売していました。ITmediaのガジェット系編集部でも、ヨドバシカメラの新宿西口本店、マルチメディアAkiba、ビックカメラ有楽町店・新宿店で、Apple Watch Sportなどの“在庫アリ”を確認。特に38ミリケースでグリーンやピンク、ブルー、ホワイトなどの、小さくて明るめのモデルは在庫が潤沢なようです(残念ながらケースの素材は未確認)。

 そしてたまたま通りかかったビックカメラ新宿西口店では、夕方の段階でもApple Watch Sportの一部モデルに加えて「Apple Watch」の42ミリ ブラッククラシックバックル(ステンレススチールケース)の在庫が! 社内や編集部内に渦巻く「予約してたけどまだ届かない」「発送ステータスが6月のまま」という怨嗟の声を尻目に、思わず「これください」と飛び込みで買ってきてしまいました。

photo 量販店で買うとお持ち帰りの紙袋はお店のものに。でもビックカメラならリンゴマークがあるのでセーフ(何が?)

 「ご予約されなかったんですかぁ?」という笑顔のApple Shopスタッフさんに、「え、ええ。こんなこともあろうかと……」と精いっぱいの余裕を感じさせる回答。この様子に何かを察したのか、スタッフさんは念のため同じモデルでの試着を勧めてきます。ただ、デモ用には38ミリケースしかないとのことで、そちらを腕に巻いてデザインと使用感を確認できました。

photo 立方体に近い「Apple Watch」の箱。Apple Watch Sportは細長い箱です。Apple Watch Editionはどんな箱なんでしょうか

 Apple Watchを試着するのは実は2度目。前回も今回も、思ったよりフツーの腕時計という印象で、ガジェット感をあまり感じません。いろいろ試してみたいこともあり、やはり購入することを伝えます。より一層の笑顔になったスタッフさんと購入前の最終チェックとして、「iPhoneが必要なこと」「最新版のiOSにアップデートして欲しいこと」「Apple Careへの加入の有無」などを確認します。その後、バックヤードから製品のパッケージが運ばれてきました。

photo 個装箱のなかにはさらに硬質なケースが。その中にWatchがありました

 支払いは、同じフロアにあるビックカメラのレジにて行います。レジではApple製品の初期不良・修理対応についての案内を受けますが、これはほかのApple製品を購入する場合と同じ内容でした。

photo 自分の腕にはめた時計を撮る。その難しさを痛感しております

 買ってから気がついたのがポイント還元率について。ビックカメラやヨドバシカメラでApple製品を買う場合、還元されるポイントが3〜5%とほかの製品(10%〜)よりも低くなります。しかし同店におけるApple Watchのポイント還元率はなんと1%。普段よりもさらにさらにポイントが少ないため、「本体を買ったポイントで周辺機器を買っとくか」といういつもの手が使えませんでした。その価格感も話題になるApple Watchですが、ポイント目当てに量販店で買う場合はちょっと注意が必要です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.