ニュース
» 2015年07月28日 11時46分 UPDATE

Samsung、Qi対応端末の無線充電機能付きディスプレイを発表

Qi対応のGALAXYシリーズを販売するSamsungが、無線充電ポートを備えるディスプレイを発表した。スタンド部分に端末を置くだけで充電できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは7月27日(現地時間)、モバイル端末の無線充電機能付きディスプレイ「SE370」を発表した。23.6型(S24E370DL)と27型(S27E370DS)の2モデルがあり、いずれもスタンドの部分にQi(チー)規格の無線充電ポートが備わっている。

 qi 1 スタンド部分に端末を置くと充電できる「SE370」

 ポート上にQi対応の端末を置くと、自動的に充電が始まる。充電状況はLEDランプで確認できる。

 qi 2 充電完了を示す緑のLEDランプ

 Samsungのフラッグシップ端末であるGalaxy S6/S6 EdgeはQi対応だ。Samsung製品以外でも「Nexus 6」や「Xperia Z4v」などもこのディスプレイで充電できる。

 無線充電ポート以外の特徴としては、米AMDのちらつき防止技術「FreeSync」を搭載し、178度の広視野角を持つ。

 qi 3

 発売時期や地域、価格についてはまだ発表されていない。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.