連載
» 2015年11月06日 06時00分 UPDATE

iPhone撮影術:暗いところで写真がブレるならこれを試そう

[ITmedia]

 カメラ機能に定評があるiPhoneでも、暗いところできれいな写真を撮るのは難しいもの。iPhoneには「絞り」を調整する機能がないため、暗い場所で撮影しようとするとシャッターが切れるまで、明るい場所に比べて時間が掛かります。そんな状況でアプリのシャッターボタンを押すと、iPhone本体も動いてしまって写真がブレてしまいがちです。

ts_B22.jpg

 そんな時は「カメラ」のタイマー機能を使ってみましょう。画面上部の時計のアイコンをタップして、「3秒」か「10秒」を選択。カウントダウンが始まったらiPhoneを固定することに集中! するとシャッターが開いている間、iPhoneが動かないので、暗い場所でもきれいな写真が撮れますよ。

iOS9tips.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう