ニュース
» 2016年03月17日 13時50分 UPDATE

スマホユーザー5割弱、大量プッシュ通知は「アプリ削除」

ジャストシステムが、スマートフォンアプリの「プッシュ通知」についての調査を発表。最も開封されやすいアプリと、プッシュ通知と削除の関係性について述べている。

[鈴木美雪,ITmedia]

 プッシュ通知が煩わしくてアプリを削除した経験はないだろうか? 更新を教えてくれるのはありがたいものの、毎日同じ更新タイミングだと内容をスルーしてしまうユーザーもいるだろう。

プッシュ通知

 ジャストシステムは3月17日、「プッシュ通知」に関する調査結果を発表。この調査は、スマートフォンを所有する10代〜50代の男女1000人を対象にしたもので、3月10日〜15日にかけて行われた。

開封されやすい「プッシュ通知」のジャンルは?

プッシュ通知 1位は「SNS」

 調査結果では、「プッシュ通知を頻繁に開封する」と回答した割合が最も高かったアプリのジャンルは「SNS」で42.3%。友人や同僚からのコメントや「いいね!」に反応するユーザーが一番多いことが分かった。次いで「ゲーム」が19.2%、「ニュース」が15.6%、「フリマアプリ」10%という結果だった。

4割以上が「大量のプッシュ通知が原因でアプリを削除」している

プッシュ通知

 調査によると、毎日同じ時間に送られてくるプッシュ通知について「内容を見ないことが多い」と答えた人の割合は60.5%。また、頻繁に送られてくるプッシュ通知が原因でアプリを削除した経験があるのは46.6%と、半数近くに上った。年代別に見ると、50代が52.9%と最も高い結果となっている。(※データは「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)

約4割が1日平均10件以上プッシュ通知を受け取っている

 同調査で、1日に届く平均的な「プッシュ通知」の数をヒアリングした結果、「5〜10件未満」が最も多く35.2%だった。次いで「5件未満」が28.3%、10〜20件未満と答えた人が21.6%だった。

 少数ではあるものの「50〜100件未満」と答えた人も1.6%おり、「100件以上」と回答したのが1.2%と、一部大量のプッシュ通知を受け取っている人もいるとのこと。

プッシュ通知
ms_kakunin.jpg 確認するタイミングが多いのは「お昼休憩時」「夕食から就寝までの間」

10代の半数以上「フレンドリーなプッシュ通知」だと開封しやすい

プッシュ通知

 「どのようなプッシュ通知であれば開封しやすいか」に対しては、75.2%の人が「内容やメリットが分かりやすいプッシュ通知」と答えた。(※データは「開封しやすい」「比較的開封しやすい」の合計)

 年代別だと、10代の56.2%が「フレンドリーな文面のプッシュ通知」だと開封しやすいと回答。「詳しい内容は分からないがインパクトのあるプッシュ通知」も10代は51.6%が開封しやすいと答えている。10代は他の年代に比べて開封しやすい傾向があるようだ。

 アプリが乱立する中で白熱する「プッシュ通知競争」だが、ユーザーに有益な形で提供されなければむしろ逆効果になってしまうかもしれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.