ニュース
» 2016年07月16日 06時00分 UPDATE

Ingress経験者が語る:「Pokemon GO」を始める前の注意点

勝手に私有地へ入るとトラブルの元に。

[ITmedia]

 「ポケットモンスター」シリーズのスマートフォンゲーム「Pokemon GO」が米国を中心に人気だ。日本でのローンチも間もなくと言われているが、世界ではすでにさまざまなトラブルも報告されている。

Ingress Ingressの画面

 日本でも人気のあるシリーズだけに、多くのユーザーがプレイすることが予想される。Pokemon GOの開発・提供元である米ナイアンティックは、同じく位置情報ゲームIngressも手がけている。Pokemon GOを始める前に、Ingressの熟練プレイヤーたちのアドバイスにいま一度耳を傾けてみたい。

(※この記事は、「Ingress座談会(中編)」を再構成したものです)

→・Ingress経験者に学ぶ「Pokemon GO」の危険性

深夜の1人プレイの危険性→ゲーム外の危険に敏感になろう

 Ingressのベテランユーザーたちは、女性が深夜に1人で活動することに警鐘を鳴らしていた。笑い話にもなっていたが、ゲームに夢中なプレイヤーたちは「敵エージェントが来たら脅威を感じるのに、ゲームに関係ない不審者には全く警戒がない」のだという。「武器をたくさん持っている=けんかに強くなった、というわけじゃないんだぞって(笑)」というコメントもあったが、ゲーム外の危険にもっと敏感になるべきだろう。

ナゾノクサ 「Pokemon GO」の画面

 ベテランユーザーたちからは「普段の生活で気をつけている言動をゲーム中でも踏襲すればいい」というアドバイスがあった。

助言その1

ゲーム外の危険にもっと敏感になろう。


私有地や学校に入り込む迷惑プレイヤー→マナーを守ろう

 Ingressではポータルと呼ばれる拠点を陣営同士で奪い合うのだが、そのポータルの場所は家、学校、神社などさまざま。ゲームのためならばと勝手に私有地に入って警察沙汰になったり、マンションの管理人を呼んだりとトラブルになるケースが多発していた。深夜に家の回りに張り付く、同じく真夜中に神社仏閣に入るなどは、もはやおのおのの礼儀やマナーの問題となってくる。

ポケモン リアルの世界を歩き回ってポケモンをゲットする

 ベテランユーザーたちは、「ルールなどの詳細な情報を公式にもっと開示してほしい」としながらも、「明確なルールがないからこそ、おのおのでマナーを守るのが大事」とも説いていた。Ingressと同じく、プレイヤー間のトラブルは基本的にプレイヤー同士で解決していくことになりそうだ。

助言その2

明確なルールがないからこそ、マナーを守ることが大事。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう