ニュース
» 2016年10月06日 21時40分 UPDATE

10コアCPU・DSDS:FREETEL、新フラグシップスマホ「SAMURAI KIWAMI(極) 2」を披露 12月発売予定

FREETELのフラグシップスマートフォン「SAMURAI KIWAMI(極)」の後継機種が、12月に登場する。10コアのプロセッサと大容量メモリ・ストレージ搭載し、国内における「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応する意欲作だ。

[井上翔,ITmedia]

 プラスワン・マーケティングは10月6日、新型のSIMロックフリーAndroidスマートフォン「SAMURAI KIWAMI(極)2」を発表した。予定販売価格は4万9800円(税別)で、12月の発売を予定している。

SAMURAI KIWAMI 2 SAMURAI KIWAMI 2
増田薫社長 KIWAMI 2(右)を手にするプラスワン・マーケティングの増田薫社長

 KIWAMI 2は、FREETELスマートフォンの次世代フラグシップモデルで、「SAMURAI KIWAMI 2」の後継に相当する。

 プロセッサはMediaTek製の「Helio X20」(CPU部は2.3GHz×2コア+2GHz×4コア+1.3GHz×4コア構成)を採用し、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを搭載する。外部ストレージ(microSD)には対応しない。

10コア CPU MediaTek製の10(デカ)コアプロセッサ「Helio X20」(MT6797)を採用

 画面は5.7型のWQHD(1440×2560ピクセル)Super AMOLED(有機ELディスプレイ)を搭載する。画面ガラスには、耐傷性に定評のあるCorning製の「Golilla Glass 3」を採用している。アウトカメラは1600万画素、インカメラは800万画素のセンサーをそれぞれ採用する。バッテリーは3400mAh(ユーザーによる交換不可)で、急速充電に対応している。外部接続端子はUSB-Type Cとなっている。本体正面には指紋認証センサー付きの「FREETELボタン」搭載している。

 OSは、Android 6.0だが、後日Android 7.0へのバージョンアップを予定している。

アウトカメラ アウトカメラは6層レンズ付きの1600万画素センサーを採用
USB Type-C端子 外部接続端子はUSB Type-Cを採用

  モバイル通信の対応規格と周波数帯(Band)は以下の通り。なお、LTEについては「Band 3+Band 19」「Band 1+Band 19」の組み合わせのキャリアアグリゲーション(CA)に対応対応している。

  • LTE(FDD-LTE):Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
  • W-CDMA:Band 1/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz

  SIMカードはNano SIMを2枚搭載可能で、LTE/W-CDMAまたはW-CDMA/W-CDMAの組み合わせで「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応する。無線LAN(Wi-Fi)はIEEE 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応する。

  ボディーサイズは77.5(幅)×157.2(高さ)×7.2(奥行き)mm、重量は約168gとなる。カラーはメタルシルバーのみ用意する。アルミニウム製のメタルボディーは、「SAMURAI REI(麗)」のデザインと似ており、一見すると「大きくなったREI」という印象も受ける。

背面 KIWAMI 2の背面。「大きくなったSAMURAI REI(麗)」といった印象

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう