連載
» 2016年11月18日 06時00分 UPDATE

iPhoneを洗濯してしまったときの応急処置

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「iPhoneの水没」です。

 洗濯したシャツやズボンのポケットからiPhoneが出てきてしまった……なんていう絶望的な状況のときこそ、落ち着いて対処することが必要です。洗濯機からiPhoneが出てくるなんて、考えただけで嫌ですね。iPhone 7は防水仕様になったとはいえ、故障の可能性もゼロではありません。今回は水没したiPhoneを救う応急処置をご紹介します。

すぐできる対処法「電源がオフになっているか確認」

 非常に焦る状況ですが、ここで電源を入れようとするのが一番危険だということを覚えておきましょう。なぜ危険かというと、内部に侵入した水が残っている状況で電源を入れると、電子回路がショートしてしまい、完全に壊れてしまう可能性があるからです。電源を付けて、壊れていないか確認したくても、ここはグッと抑えて、応急処置を施しましょう。

 まず確認するのは、電源の状態。もし洗濯後でも電源が付いていたら、すぐオフにしましょう。カバーが付いていたら外して、できればSIMカードも取り出しましょう。次に、Lightning端子やイヤフォンジャックなど、iPhoneの隙間に入り込んだ水分をティッシュなどで吸い取ります。

 あとは、iPhone本体に付いた水滴も拭き取って、チャックの付いたフリーザーバックに乾燥材を入れて放置してみてください。乾燥剤がなければ、本体を数日間そのまま放置して乾燥させてもOKです。完全に乾いたら、電源を入れて確認します。

 ちなみに、早く乾かしたいからといってドライヤーを使うのは厳禁です。根気強く、乾燥するのを待ちましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう