連載
» 2016年12月02日 06時00分 UPDATE

iPhoneのパスコードを忘れたときの対処法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「パスコードを忘れてしまったときの対処法」です。

 iPhoneのロック解除で、パスコードの入力を6回続けて間違えると、端末を使用できない旨のメッセージが表示されます。正しいパスワードを思い出せた場合は、「●分後にやり直してください」と表示されている間はリトライが可能です。

 ただ、パスワードを本格的に忘れてしまい、さらにバックアップも作成していない場合は、iPhoneを工場出荷時の状態に初期化して、パスコードをリセットしなくてはいけません。

 しかし、この方法ではiPhoneの中にある全てのデータが削除されてしまいます。ですが、過去にiPhoneをPCのiTunesと同期したことがあれば、以下の方法でデータを削除することなく復元できる可能性があります。過去にバックアップを取ったことがある場合は、焦ってリセットをせずに、以下の方法を試してみてください。

 用意するのは、PCとiPhone、接続するためのケーブルです。過去に同期する際に使ったPCにiPhoneを接続し、iTunesを起動します。自動同期がオンになっている場合は、同期とバックアップは自動で開始されます(オフになっている場合は手動で開始します)。その後に「iPhoneを復元」をクリックし、復元したいiPhoneを選択すれば完了です。

 こうしたトラブルが起こる前に、iPhoneのバックアップを取っておくことが賢明です。大切な写真やその他のデータを守るために、日頃からこまめにバックアップを取るようにしましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう