ニュース
» 2016年12月06日 21時20分 UPDATE

レノボ、ThinkPad Stack モバイルプロジェクターを発売 Android搭載でスタンドアロン運用も可能

重箱スタイルで機能拡張ができる「ThinkPad Stack」に、ポータブルモバイルプロジェクターが登場する。他のThinkPad Stack対応デバイスを装着することで機能拡張が可能で、単体でもAndroidデバイスとして利用することができる。

[井上翔,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは12月6日、モバイルプロジェクター「ThinkPad Stack モバイルプロジェクター」を発表した。販売価格は7万900円(税別)で、同日から順次販売を開始する。なお、Web直販では12月9日から販売を開始する予定だ。

ThinkPad Stack モバイルプロジェクター ThinkPad Stack モバイルプロジェクター

 プロジェクターとしての基本仕様は、輝度最大150ルーメン(ANSI規格、ACアダプター接続時)、解像度720p(1280×720ピクセル)で、自動台形補正機能も備えている。対応距離は0.2m(5.5型相当)〜4.5m(120型相当)となっている(推奨距離は0.2〜0.5m)。

 4500mAhのバッテリーを内蔵しており、単体で70分(公称値)の駆動が可能だ。別売のモバイルバッテリー「ThinkPad Stack 10000mAh パワーバンク」を1つ装着すると、220分(公称値)駆動できる。映像入力はHDMI端子を1つ備えており、映像ソースの解像度は、最大で4K(3840×2160ピクセル)に対応している。

 このプロジェクターは、単体でAndroid端末としても利用できる。プロセッサはAtom x5-Z8550(CPU部は1.44〜2.4GHz×4コア)、OSはAndroid 6.0を搭載している。通信機能は、無線LAN(Wi-Fi)とBluetooth 4.2を備えているが、Wi-Fiを使った映像キャスティング(Miracast/WiDi/Chromecast)には対応しない。本体上面には、タッチパッドやナビゲーションキーを備えている。

 拡張端子としてUSB 2.0端子を1つ備えており、キーボード、マウス、メモリーなどを装着して使うことができる。また、このプロジェクターの下部に既存のThinkPad Stackシリーズの周辺機器を装着できるようになっている。

 パッケージには、ThinkPadシリーズと共通利用できる「65W トラベル AC アダプター」、持ち運び用のポシェット、HDMIケーブルや、他のThinkPad Stackアクセサリーと併用する際に利用できるスタンドを付属しているので、すぐに使い始めることができる。

パッケージ パッケージ
持ち運び用のポシェット 持ち運び用のポシェットも付属している
既存のThinkPad Stack周辺機器を重ねることも可能 モバイルプロジェクターの下には、既存のThinkPad Stackシリーズの周辺機器を重ねることも可能

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう