ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android 6.0 Marshmallow」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Android 6.0 Marshmallow」に関する情報が集まったページです。

ハードウェアに迫る危険【前編】
Android全デバイスに影響か Qualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性
Armの技術「TrustZone」に基づくQualcommのセキュリティ機構「QSEE」に脆弱性が見つかった。発見者によると、「全てのバージョンの『Android』搭載デバイスが影響を受ける」という。(2020/1/22)

モバイルPASMOついに登場 当初Androidのみ
PASMO評議会は1月21日、2020年春からAndroid端末で利用できるモバイルPASMOをサービス開始すると発表した。バスや電車の定期券を、スマートフォンに搭載して利用できるようになる。(2020/1/21)

「モバイルPASMO」Android向けに今春登場 クレカで残高チャージ&定期券購入、再発行も可能
PASMO協議会が、交通系ICカード「PASMO」の機能をAndroidスマートフォンで利用可能にすると発表。専用アプリ「モバイルPASMO」を今春にリリースする。アプリでは、クレジットカードでの残高チャージと定期券の購入や、再発行手続きができる。(2020/1/21)

スマホでPASMOが使えるようになるぞ 「モバイルPASMO」20年春スタート
Android端末で。(2020/1/21)

「モバイルPASMO」2020年春サービス開始 Androidおサイフケータイで利用可能
モバイルSuicaのアプリ更新などを通して“伏線”を張ってきた「モバイルPASMO」が、いよいよ現実のものに。2020年春、Android 6.0以降を搭載するおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できるようになる。サービスの詳細は、3月初旬に改めて発表される予定だ。(2020/1/21)

ドコモ、視聴シーンをピックアップできるグループ向け動画共有アプリ「MARKERS」提供開始
NTTドコモが、新しい動画共有アプリの提供を開始した。家庭や部活動・サークルなどのグループ内で、マーカーを付けた任意のシーンをピックアップして視聴することができることが特徴だ。(2020/1/20)

ドコモ、月額500円の「ネットトラブルあんしんサポート」開始 キャッシュレス決済の補償も
NTTドコモは、12月9日に月額500円(税別)の「ネットトラブルあんしんサポート」を提供開始。インターネット上でのトラブル予防に役立つ情報を知らせる他、トラブルに遭った際のサポートやキャッシュレス決済の不正利用への補償をワンストップで行う。(2019/12/10)

Nature、家庭内の電力マネジメントを実現できる「Nature Remo E」の先行予約を開始
Natureは、家庭内でのエネルギーマネジメントを実現するIoT機器「Nature Remo E」シリーズの先行予約を開始した。(2019/12/10)

新しいツールは社長室に置くべき:
完全PCフリー環境で使えるビジネスプロジェクター 日本市場投入の狙いをベンキュー幹部に聞く
Android 6.0を搭載したビジネス向けプロジェクターが登場。ベンキューでアジアパシフィックを統括するリアン氏と、日本法人の菊地社長に話を聞いた。(2019/11/26)

ベンキューがビジネス向けの「スマートプロジェクター」を発売 文教市場向けの短焦点モデルも
ベンキュー(BenQ)が、Android 6.0を搭載したビジネス向け「スマートプロジェクター」を3機種発売。ワイヤレス利用と単体利用の双方に強みを持っている。(2019/11/12)

Googleがワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」発表 リアルタイム翻訳も可能
2020年に米国で発売。(2019/10/16)

ドコモの「my daiz」、地図を見なくても移動できる音声ナビ機能を提供
NTTドコモは、AIエージェントサービス「my daiz」で移動中に見える建物などの目印に沿って音声案内する機能を2020年3月から提供予定。スマホの画面上の地図を見ることなく目的地に到着できる。(2019/10/11)

三菱UFJ銀行、Visaのタッチ決済が使える「MUFG Wallet」アプリを提供
三菱UFJ銀行は、10月4日に公式スマホアプリ「MUFG Wallet」をリリース。本アプリに三菱UFJ-VISAデビットを登録すると、日本を含む世界約200の国・地域の対応加盟店でVisaのタッチ決済を利用できる。(2019/10/4)

キングジム、スマホアプリから印刷できる「テプラ Lite LR30」を発売
キングジムが、スマホアプリから操作ができる手のひらサイズのラベルプリンター「テプラ Lite LR30」を8月20日に発売する。Bluetooth経由で接続し、スマホアプリでラベルのテンプレートを選べる。(2019/8/7)

ゆうちょ銀行が「ゆうちょ認証アプリ」を配信 ゆうちょダイレクトに生体情報でログイン
ゆうちょ銀行が、自社のネットバンキングの生体認証ログインや送金時のPINコード認証を行うためのアプリを公開。指紋または顔で認証することで、パスワードや合言葉の入力を省略できるようになる。(2019/7/22)

FOX、E-ink搭載の電子書籍リーダー「BOOX」3モデルを発売 3万円台後半〜
FOXは、7月4日にAndroid 6.0搭載E-ink電子書籍リーダー「BOOX」を発売。Google Playからアプリをダウンロードでき、複数のアプリでのマルチタスクが実行可能となっている。ラインアップは7.8型/10.3型の3モデルで、周りの光源の状況に応じて切り替えられる冷暖2色対応のフロントライトを搭載する。(2019/7/4)

耳に触れるだけで通話できる指輪型デバイス「ORII」発売 2万3800円
GlotureはECサイトで人差し指を耳元に当てればスマートフォンで通話できる指輪型デバイス「ORII」を発売した。iOSやAndroidと連携でき、音声操作や通知のカスタマイズができる。価格は2万3800円(税別)。(2019/6/4)

ボールペンでスマホの通知が受け取れると便利か? 記者がキングジムのスマートボールペンを試した
キングジムが発表したスマートボールペン「インフォ」を実機レビュー(2019/5/16)

プッシュ通知はペンで知る:
キングジムがウェアラブルペン「インフォ」(INF10)を投入 発売は6月14日
5月14日、キングジムがスマートフォンと連携して電話の着信やメール、SNSのプッシュ通知などに対応したウェアラブルペン「インフォ」(INF10)を発表、6月14日から発売する。(2019/5/14)

個人間でスマホを売却するのは危険? データ消去を手掛けるブランコ・ジャパンに聞く
非常に多くの個人情報データが入っているスマートフォンやPCには、データを削除するための「初期化」という項目が用意されている。しかし、実は初期化をしても第三者が専用ツールを使って簡単にデータを復元できてしまう。では、ユーザーはどうすればいいのか?(2019/5/5)

ホームIoT「au HOME」「with HOME」がスリープテックに進出 ニューロスペース、フランスベッドとコラボ
au(KDDIと沖縄セルラー電話)のホームIoTサービスが、睡眠の質を向上する「スリープテック」に進出。ニューロスペースと協業による睡眠アプリを提供する他、フランスベッドから対応睡眠センサーを内蔵したスマートマットレスが発売される。(2019/3/13)

スマホ画面に発話内容を文字で表示する「みえる電話」 ドコモが3月1日提供開始
NTTドコモは、3月1日から耳の聞こえにくいユーザーに向けたサービス「みえる電話」を提供開始。NTTドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行い、スマートフォン画面上へリアルタイムに文字を表示する。利用者はアプリをダウンロードするだけで使うことができ、通話相手はアプリなどの準備をする必要がない。(2019/2/21)

E-ink搭載の13.3型Androidタブレット「Boox Max2 Pro」発売 8万9800円
SKTは、電子ペーパー「E-ink」パネルを搭載したOnyx InternatinalのAndroidタブレット「Boox Max2 Pro」を発売。筆圧感知と傾き検知機能を持つワコムスタイラスの採用した。価格はミヤピックスのノングレア保護フィルム、RAVPowerのUSBチャージャーがセットで8万9800円(税別)。(2019/2/15)

2018年に買って使ってグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」でおなじみの山口さんが、2018年に購入したデジタル製品の中から、仕事に役立つものベスト5をピックアップ。あなたのベスト5は何ですか?(2018/12/21)

Google、Bluetoothの1タップペア機能「Fast Pair」をChromebookでも可能に
Android端末にBluetoothヘッドフォンなどを1タップで接続する「Fast Pair」が、2019年にはChromebookもサポートするとGoogleが発表した。(2018/11/28)

“昭和の工場”もIoT化
15分で工場をIoT化? 手軽な「スマートファクトリー」化サービスが充実
設備を買い替えるコストの高さや分析ツールの使いにくさが、工場IoT化の障壁となることがある。こうした課題を解消し、スマートファクトリー化へのハードルを下げる製品が充実してきた。具体例を基に動向を探る。(2018/11/20)

「ピングー」たちと話せる「ピングートーク」 Googleアシスタントに登場
(2018/10/25)

「arrows NX F-01J」がOSバージョンアップ Android 8.1に
NTTドコモの2016年冬モデル「arrows NX F-01J」が、2度目のOSバージョンアップを行う。Android 8.1の新機能が使えるようになる他、端末固有の機能改善や不具合修正なども行われる。(2018/8/21)

Android Pはいち早くユーザーの元へ Google「Project Treble」への期待
Android OSのアップデートはメーカーによって対応がバラバラで、最新OSにアップデートしないメーカーもある。これはセキュリティの観点からも大いに問題がある。こうした状況を打開しようとGoogleが取り組んできたのが、「Project Treble」だ。(2018/6/18)

FREETEL、「Priori 4」(Android 7.0)利用者に「Wi-Fi使わないで」 「認められていない電波出力」のため
「端末のWi-Fi機能の利用を停止して」――FREETELの「Priori 4」Android 7.0版を利用しているユーザーに緊急告知。「認められていないWi-Fi電波が出力されていることが判明したため」という。(2018/6/11)

スマホをかざすと現れる「バーチャル平安京」 立命館大学とキャドセンターがARアプリ開発
立命館大学とキャドセンターが、京都の景色にスマートフォンをかざすとAR(拡張現実)で平安京の景観を眺めることができるスマホアプリ「バーチャル平安京 AR」を開発。Android6.0以上のスマホから無料で楽しめる。(2018/6/4)

Lenovoの“スタンドアロン”Daydreamヘッドセットが日本上陸 180度カメラも投入
Lenovoが「CES 2018」で披露した単独動作するDaydreamヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」と、VR180フォーマット対応の180度カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」の国内投入が決まった。レノボ・ジャパンの直販サイトの他、主要な家電量販店で購入できる。(2018/4/24)

ITはみ出しコラム:
FacebookやGoogleに自分がどんな情報を与えているか確認する簡単な方法
サービスの便利さとプライバシーのバランスを見直すきっかけになるかもしれません。(2018/4/15)

ビッグローブ、10軸センサー&Android搭載の企業向けIoTデバイスを発売
ビッグローブは、4月11日に企業向けIoTデバイス「BL-02」を販売開始した。10軸センサーとGPSを内蔵し、2.8インチディスプレイやAndroidを搭載。さまざまな業種・業務へAIを活用したソリューションを提供する。(2018/4/11)

AI・人工知能EXPO:
名刺サイズのAndroidデバイスでIoT活用「スマホでもゲートウェイでもない」
ビッグローブは、「第2回 AI・人工知能 EXPO」において、名刺サイズのAndroidデバイスを披露した。IoTのエッジデバイスに最適としており、スマートフォンのようにIoTデバイスとして不要なアプリを持たない一方で、LinuxベースのIoTゲートウェイと比べてアプリ開発が容易だという。(2018/4/10)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 多数の脆弱性を修正
Mediaフレームワークとシステムには、危険度が最も高い「重大」(Critical)の脆弱性が複数存在する。(2018/4/3)

PR:「G-SHOCK」のニューフェイス、タフでスタイリッシュな「G-SQUAD」を“相棒”に街歩き
カシオの「G-SHOCK」シリーズに、歩数計機能を内蔵し、スマホとの連携も可能な“G-SQUAD”「GBA-800」が加わった。スポーツはもちろん海外取材の際にも身に着け、相棒のように過ごしたので、そこで体験したGBA-800の魅力をリポートしよう。(2018/3/26)

「dtab Compact d-01J」「AQUOS sense SH-01K」がOSバージョンアップ
NTTドコモの「dtab Compact d-01J」と「AQUOS sense SH-01K」がOSバージョンアップする。新バージョンが持つ新機能が使えるようになる他、機種固有の機能改善や不具合修正も行われる。(2018/3/15)

製品分解で探るアジアのトレンド(26):
“アナログ技術大国”へと変貌する中国
中国の最新製品には、「欧米製チップ+中国製チップ」の組み合わせが非常に多くなっている。こうした新製品を分解して痛切に感じるのは、中国半導体メーカーが、“アナログ技術大国”になりつつある、ということだ。(2018/3/15)

オンキヨー、バッテリーシェア機能を搭載したタフネスSIMフリースマホ「S41」発売
オンキヨーは5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、付属のOTGケーブルを介して他の端末の電源としても利用できるバッテリーシェア機能を備えたタフネスSIMフリースマホ「S41」を3月中旬に発売する。(2018/3/14)

Mobile World Congress 2018:
丸く、厚くなったXperia XZ2/XZ2 Compact スペックは従来機からどう変わった?
ソニーモバイルの新モデル「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が発表された。従来のXperia XZシリーズから大きくデザインを変えてきた。スペックは向上したところが大半だが、利便性が下がったり、スペックダウンしたりした部分もある。(2018/3/3)

サードウェーブデジノス、シングルボードPC「Tinker Board」OS込みのパッケージモデルを発売
サードウェーブデジノスは、ASUSシングルボードPC「Tinker Board」にOS導入済みmicroSDなどを付属したパッケージモデルを発売した。(2018/1/25)

「トイレ行ってくるから荷物見てて!」を頼める相棒 キングジムからモニタリングアラーム「トレネ」が発売
クラウドファンディングで人気を集めた商品です。(2018/1/12)

離席中に荷物を見守る「トレネ」一般発売 キングジム
離席中に荷物を見守る「トレネ」が2月23日に一般発売。カフェで作業中、テーブルにPCを置きっ放しにしたままトイレに立つ際など、荷物から目を離す時に使い、盗難を防ぐツールだ。(2018/1/11)

離席時に自分の荷物を見張ってくれる監視アラーム「トレネ」
キングジムは、自分の手荷物の監視ができるモニタリングアラーム「トレネ」を発売する。(2018/1/11)

「Googleアシスタント」が「Android 5.0 Lollipop」スマートフォンでも利用可能に
GoogleのAIアシスタント、「Googleアシスタント」が「Android 5.0 Lollipop」搭載スマートフォンでも使えるようになる。米国の英語版では、タブレット(「Android 6.0 Marshmallow」以降搭載)でも使えるようになる。(2017/12/14)

KDDI、決済アプリ「PayB」を使った通信料金の支払いに対応
KDDIは、スマートフォン決済アプリ「PayB」を利用した通信料金の支払いに対応。指定の金融機関情報をあらかじめ登録し、窓口払い請求書に印字されたバーコードをアプリ読み取れば支払いが完了する。(2017/12/11)

セキュリティパッチ配信でトラブルか
Androidの無線LANはまだ危険? WPA2脆弱性「KRACK」問題の終わりが見えない
GoogleはAndroidのアップデートを公開し、無線LANセキュリティプロトコルの脆弱性「KRACK」に対処した。だがアップデートを巡って混乱があり、エンドユーザーは自分のデバイスが安全かどうか分からない状況にある。(2017/11/16)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年10月版:
他人のCPUを使ってビットコインを採掘、マルウェアなのか
2017年10月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「ビットコイン」「WPA2」「新ランサムウェア」でした。Webページの閲覧時にビットコインを採掘させる仕組みがマルウェアではないかと議論に。無線LANで広く使用されている暗号化方式「WPA2」では盗聴などにつながる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかりましたが、こちらは尻すぼみ。東欧を中心に広がった新ランサムウェア「Bad Rabbit」では、国内サイトが拡散元となり、驚きを呼びました。(2017/11/13)

Google、Android端末でのBluetoothペアリングを高速化する「Fast Pair」
「Android 6.0」以降搭載のAndroid端末で、Bluetoothイヤフォンなどを手軽にペアリングできる新機能「Fast Pair」が利用できるようになった。まずは「Google Pixel Buds」とLibratoneの「Q Adapt On-Ear」が対応した。(2017/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。